« 第41話:花開く普通型1 (s50年代前半) | トップページ | 第43話:原点に戻って (s60_63) »

第42話:花開く普通型2 (s50年代後半)

S58 昭和50年代になってからは、毎年のように福寿の店に足を運んでいたが、手元にある福寿こけしを探してみても、純粋な普通型のこけしは殆ど見当たらない。肩の角張った盛古型とそれをアレンジしたこけしが多くなっている。タイトルでは昭和50年代後半としているが、紹介できる普通型のこけしは昭和58年のものである。ただ、この58年頃から、福寿のこけしは面描に大きな変化が見られるようになるのである。

S50s58_20200813185401 S50s58

こちらに2本の普通型のこけしを並べてみた。大きさは1尺。左は昭和50年作で右が58年作。本作(右)は頭がやや長くなっているが、木地形態に大きな変化は見られない。一方、面描は大きく変わっている。これまでは前髪の位置が高く、鬢も上から描いていて顔の面積が広くなっている。本作では前髪が下がり、それに合わせて鬢も下がって内寄りに描かれいるため顔の面積は小さくなった。そのため、眉・目・鼻・口が中央に寄ってこじんまりしている。表情的には幼くなった感じであるが表情の品格は保っている。また、水引が4筆(これまでは5筆)に減って、鬢飾りは3筆に増えている。最も、この水引と鬢の筆数の違いは58年だけのようである。

S584_20200813185301 S584

こちらは、同じく58年の作で6寸である。木地形態と胴模様は同じであるが、面描には違いが見られる。右2本は水引が3筆(6寸の標準)で標準的な普通型になっている。また、これまでは8寸以上の大寸物に描いていた横・正面菊を6寸にも描くようになった(右端)。一方、左2本は水引が5筆と大寸用になっており、眼点が大きく、口は真ん中が空いた丸口になっている。盛古型の影響であろうか。このように、この頃は、普通型と言ってもこれまでのように決まりきった標準様式をその通りに描くのではなく、かなりバラエティに富んだ描彩となっているのが特徴である。

« 第41話:花開く普通型1 (s50年代前半) | トップページ | 第43話:原点に戻って (s60_63) »

普通型」カテゴリの記事

物語」カテゴリの記事

全編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第41話:花開く普通型1 (s50年代前半) | トップページ | 第43話:原点に戻って (s60_63) »