« 第42夜:分岐点のこけし(2) | トップページ | 第44夜:初期作の味わい(1) »

第43夜:分岐点のこけし(3)

Ikuo_ejiro_h5kao_1 栄治郎型と言えばやはり第一人者である岡崎幾雄さんを避けては通れないだろう。今夜はその幾雄さんを取り上げる。昭和31年に始めた幾雄さんの栄治郎型も早半世紀を超えるところまで来た。その間の栄治郎型を概観して魅力を感じるのは、やはり初期のこけしである。(これは残念ながら持っていない。東京こけし友の会のHPで「例会ギャラリー」H18年6月の項を参照されたい)それ以外で挙げるとすれば、平成5年に東京こけし友の会の40周年記念として作られた、友の会栄治郎写しであろう。

この40周年記念こけし製作のために、幾雄さんは1年ほど前から友の会の栄治郎こけしにじっくりと取り組み、木地形態から描彩まで丹念に研究したとのことである。幾雄さんの栄治郎型は仙台屋の栄治郎こけしから出発したのであるが、次第に幾雄さん流にアレンジされて作られて来た。その間、木地形態では襟巻き状の首や胴の帯などが時期に応じて種々変化している。頭部の描彩では頭頂部の赤いカセと丸玉や横鬢の様式、また胴模様は初期の作では「原」に合わせて桜崩しの両脇に小花と蕾を描いていたが、やがてそれが無くなり、代わりに2枚葉が描かれるようになって、これが定型化された。原寸ものでは時折、小花と蕾が描かれることがあったが、それらは幾雄さんの想像によるもので「原」のそれとは隔たったものであった。写真右は平成5年作の栄治郎型。この様式が一般的には作られていた。

Ikuo_ejiro_bunki_hikaku 写真左が同じく平成5年の友の会栄治郎写し。木地形態から面描、胴模様に至るまで、相当違っているのが分かる。木地形態の大きな違いは頭頂部が扁平である点と胴の帯も角の丸みが少なく平らな点である。頭部の描彩では、頭頂部の赤いカセが複雑になっている。そして眉と目は小振りで湾曲が付き、横鬢に近く描かれている。そのために瞳には潤いがあり、何とも艶めかしい色気を感じる素晴らしい表情になっている。胴の描彩も桜崩しの両脇には「原」に忠実な小花と蕾を描いている。前回の直志さんの胴模様の小花と蕾と比べて見て頂きたい。また帯下の正面菊も右の一般品ではまん丸で様式化しているのに対し、左の写しでは横長の楕円形で写実的に描かれている。

Ikuo_ejiro_h5dol Ikuo_ejiro_h5dor しかしながら、この写しの栄治郎型の作風(特に頭部の形態と表情)は長続きしなかった。1年ほどすると木地形態と表情は以前作っていた一般的な栄治郎型に戻っていくのである。ただ、小花と蕾を配した胴模様のみは引き継がれ、それは次第に8寸ものや6寸、5寸ものにまで描かれるようになる。その点から見れば、分岐点のこけしとして挙げても良いのだろう。

|

« 第42夜:分岐点のこけし(2) | トップページ | 第44夜:初期作の味わい(1) »

蔵王系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/14896061

この記事へのトラックバック一覧です: 第43夜:分岐点のこけし(3):

« 第42夜:分岐点のこけし(2) | トップページ | 第44夜:初期作の味わい(1) »