« 第64夜:友の会の入札 | トップページ | 第66夜:30年代のこけし(1) »

第65夜:護のこけし(異色作)

Mamoru_56sai_kao 昨夜は友の会の入札で入手した正吉のこけしの話をしたが、今夜はその兄の護のこけしを取り上げてみたい。護こけしは私の好きなこけしであるので、今までに「戦前」「ピーク期」「直助型」を取り上げているが、その他にも魅力のあるこけしは多い。そんな中から、今夜は護さんにしては「異色」のこけしを取り上げてみたい。

Mamoru_56sai 佐藤護のこけしは戦前、戦後とその作風がかなり変化している。特に戦後は終戦後の世の中の風潮に合わせるかの如く、当初は殆ど新型かと思えるほどの甘いだけで深みのないこけしを作っていた。やがて昭和30年代になって、伝統こけしが見直されるようになると護さんのこけしにもその影響は歴然と現れてくる。一般的には、護こけしは頭は縦長で、三日月目は上下の瞼が目頭と目尻できちんと繋がっているものが多い。ところが56歳の一時期のこけしは、頭が横広きみで、三日月目の両瞼はかすかに離れている。そのために、他の時期の護こけしとはひと味違う、実に趣のあるこけしに仕上がっているのである。どうしてこのようなこけしが生まれたのか分からないが、ややグロテスクきみに思える表情には戦前作と通じるものを感じる。前に戦後の護こけしはピーク期と直助型の2本あれば十分と記したが、こういうこけしを見せつけられると、更に護こけしにのめり込んでしまうのである。

|

« 第64夜:友の会の入札 | トップページ | 第66夜:30年代のこけし(1) »

遠刈田系」カテゴリの記事

コメント

sun最近、この手の子(6寸)私の元にやってきました。頭のサイズに対して少し大きめの目鼻、肩の落とし具合が頭の形に良くマッチした、あっさりと手際が良く「小気味の好い」こけしです。実は、行きつけの店に一年位買われずに居て「見る度気になる」だったのです。「遂に彼女の眼に口説き落とされcoldsweats01
たか…」と、若干口惜しくsign02もあるのでした。

投稿: こけりん | 2010年11月23日 (火) 22時02分

それは、こけりんさんの所に来るべくして来たんですね。それにしても1年間、よく我慢していましたね。こけりんさんもその護こけしもです。それだけの縁があって手許に来たこけしです。末永く大事にして下さい。

投稿: 国恵志堂 | 2010年11月23日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/15243425

この記事へのトラックバック一覧です: 第65夜:護のこけし(異色作):

« 第64夜:友の会の入札 | トップページ | 第66夜:30年代のこけし(1) »