« 第62夜:「美と系譜」のこけし(5) | トップページ | 第64夜:友の会の入札 »

第63夜:縮写こけしのこと

Syukusya_takeo_kao_2 今、ヤフオクに「縮写こけし」が出品されている。「縮写こけし」は戦前に作られたコピーこけしであるが、当時はその目的が明確であり一定の役割を持って頒布されたこけしであった。しかし年月の経過ともにその経緯は忘れられ、真作として市場に出され高値で落札されるケースもあるようだ。今夜は私も知らずに入手した「縮写こけし」について話してみたい。

Syukusya_takeo 「縮写こけし」の頒布は日本郷土玩具協会「こけしの会」が戦前に行ったものであり、その規約では「こけしの代表作60本を選んで、それを一定の寸法に縮写し、鑑賞的であるばかりでなく、研究資料としても後世に伝えようとする企て」とある。監修有坂與太郎、選並に解説深澤要、制作者猪谷春峰。深澤要氏監修とあるように、その頒布されたこけしは単なるコピーこけしの域を超えたものであり、その出来が良かったこともあって、縮写こけしはやがて一人歩きをするようになったのであろう。

Syukusya_takeo_utsushi さて、今夜のこけしは鳴子系の「大沼竹雄か?」と想定して、2年前ほどにヤフオクで入手したもの。特に「止まった車菊」のような胴模様に興味を憶えた。入手後、大沼秀雄さんに見て貰ったが製作者は判明しなかった。その後、このこけしをモデルにした写しが秀雄さんと息子の秀顕さんによって作られ、伊勢こけし会、名古屋こけし会で頒布された。そして、このこけしと同種のものが柏崎の「痴娯の家」に存在することが判明し、「縮写こけし」であることが確認された。

|

« 第62夜:「美と系譜」のこけし(5) | トップページ | 第64夜:友の会の入札 »

写し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/15182803

この記事へのトラックバック一覧です: 第63夜:縮写こけしのこと:

« 第62夜:「美と系譜」のこけし(5) | トップページ | 第64夜:友の会の入札 »