« 第59夜:「美と系譜」のこけし(3) | トップページ | 第61夜:「美と系譜」のこけし(4) »

第60夜:子持ちえじこ(6)

Ikuo_ejiko_kao 第60夜は蔵王系、岡崎幾雄さんの子持ち特大えじこを取り上げてみよう。私がこけしの蒐集を始めた昭和40年代から50年代にかけて、幾雄さんのこけし(特に定評のある栄治郎型)は入手難のこけしとして有名であった。そんな幾雄さんも平成になって多少余裕が出来てきたのか、こけし以外の木地玩具も作るようになった。

Ikuo_ejiko_in 東京こけし友の会の40周年記念祝賀会(平成5年)には幾雄さんも出席しており、その時始めて言葉を交わす機会があった。入手難のこけしについても、蔵王温泉に来てくれるお客さんを第一に考えて店には置いているとのことで、それを頼りにお店の能登屋に伺うことになった。翌平成6年に訪ねた折には、掲載写真の特大えじこが置いてあった。径6寸、高さ6寸の正に大物で、えじこの胴には一輪の正面菊が胴一杯に描かれていた。蓋部に付いた頭はおかっぱである。えじこの中には、けん玉、だるま落とし、平コマ1つと野菜コマが4つ、ミニだるま1こ、それに3寸のこけしが5本入っている。こけしは胴が括れて帯の付いた栄治郎型1本、直胴とこげす型で手絡に重ね菊模様の栄作型が2本、おかっぱで細胴襟付きが1本、手絡で太胴襟付きが1本の計5本である。5本それぞれが蔵王系を代表する様式であり、豆こけしとは言え1本1本が存在感のあるこけしとなっているのは流石である。

Ikuo_ejiko_all

|

« 第59夜:「美と系譜」のこけし(3) | トップページ | 第61夜:「美と系譜」のこけし(4) »

えじこ・ねまりこ」カテゴリの記事

蔵王系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/15151314

この記事へのトラックバック一覧です: 第60夜:子持ちえじこ(6):

» 限定品の人気 [グランドセイコー ☆不滅の技]
グランドセイコーのファーストモデルやスプリングドライブなど熱心な愛用者もいらっしゃる。さてその魅力とは [続きを読む]

受信: 2007年5月23日 (水) 01時29分

« 第59夜:「美と系譜」のこけし(3) | トップページ | 第61夜:「美と系譜」のこけし(4) »