« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

第87夜:佐藤円吉のこけし

Enkiti_ume_kao 第85夜では、私の梅木修一コレクションの原点のこけしとして友の会の入札で入手した岡崎長次郎のこけしを紹介した。今夜は別の原点のこけしとして、最近ヤフオクで入手した佐藤円吉のこけしを紹介したい。私に遠刈田系こけしの魅力を教えてくれたこけしとして大沼昇治さんの梅こけしがあることは以前に書いた通りである。以来、昇治さんの梅こけしは私の重点収集の1つに入っている。そうなると、その原点のこけしとして佐藤円吉のこけしも欲しくなる。ただ、今まではこけしの状態や価格の面で入手出来るものがなかったのである。

続きを読む "第87夜:佐藤円吉のこけし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第86夜:7月の友の会(2)

Toru_h1907reikai_kao このブログでは、東京こけし友の会の例会に出品された主な入札こけしを紹介しているが、友の会では中古や古品はかりでなく、新品のこけしも頒布している。例会への出席者はベテラン揃いということもあって、新品こけしの売れ行きははかばかしくなく、頒布担当の幹事さんはいつも頭を悩ませることになる。皆が欲しがる一部の人気工人のこけしは会でも簡単に入手出来る訳ではないからである。そんな中にあって、土湯系の高橋通・順子ご夫妻のこけしは、お二人のご協力もあって年に数回は頒布されている。7月に頒布された通さんの新作は特に素晴らしい出来であり、私も1本入手出来たので、今夜はそれを紹介したい。

続きを読む "第86夜:7月の友の会(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第85夜:岡崎長次郎のこけし

Cyojiro_65sai_kao 最近の東京こけし友の会の例会では古品の入札があるので、まずは入札品の棚に目が行く。22日の7月例会に出かけてみると、この棚の中にボリューム感に溢れる1本のこけしが立っていた。そのこけしは並み居る古品こけしの中でも抜群の存在感を示しており、特にその表情の素晴らしさに一瞬にして魅せられてしまった。それは蔵王系の岡崎長次郎のこけしで、これほどインパクトのある長次郎の現物を手で触って直に見たのは初めてであった。今夜は縁あって私の手元に落ち着くことになった、この長次郎こけしを眺めてみたい。

続きを読む "第85夜:岡崎長次郎のこけし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第84夜:7月の友の会

Toshio_daisun7_kao_1 昨日(22日)、東京こけし友の会の7月例会があり出席したので、今夜はその報告である。20日から昨日まで、福島の西田記念館で「美轆展」が開かれているためか、毎月出席している何名かの方の顔が見えず、出席者は54名(新入会者1名を含む)であった。入札では今月も数点の古品とお約束の佐久間俊雄のこけしが出品された。また抽選では新品の奥瀬恵介が5点と渡辺亨が10点ほど出品されて注目された。また、一般頒布でも高橋通の草花シリーズの秀作が10点(番号入り)で出品された。なお、入札品の最高額は岡崎長次郎(尺2寸)で、これは僅差で私の手元にやってきたので、別途報告したい。

続きを読む "第84夜:7月の友の会"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第83夜:ブルータス裏話

Brutus20070801_cover 今日(17日)、ブルータス8月1日号(#621)が発売された。本号の特集「ニッポン観光2007」の中に『みやげもんスペシャル<こけし>編』として「伝統こけし」が4ページに渡って特集されている。伝統こけしが名の知れた全国紙レベルで取り上げられるのは何年振りであろうか。それも若者向けの雑誌である。今夜は、その経緯などについて話してみよう。

続きを読む "第83夜:ブルータス裏話"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第82夜:小寸こけしの魅力(6)

Yajiro_mame_2hon_kao このブログのアクセス履歴を見ていると、掲載した日とその翌日くらいにはアクセス数がかなり増える。「こけし千夜一夜物語」にリニューアルしてからの1日あたりの平均アクセス数は今日現在で約70くらいである。毎日ブログを載せていたころは75を越えていたが、掲載間隔が開くに従って減ってきて60台に落ちていたのを盛り返しているところである。この数をバロメーターにして何とか70台をキープして行きたいと思っている。さて、今夜も友の会6月例会で入手した小寸こけしの話である。

続きを読む "第82夜:小寸こけしの魅力(6)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第81夜:小寸こけしの魅力(5)

Kihe_mame_senzen_kao 今夜も6月の友の会入札で入手した小寸こけし(3寸)を紹介する。飯坂温泉の渡辺喜平さんの戦前のこけしと思われる。先日のカメイ記念館でも4寸こけしの群像が目を引いたが、小寸こけしの場合、ある大きさに拘って収集している愛好家も多いようだ。ただ、大きさに拘ると必ずしもベストのこけしが集まるとは限らない。取りあえずはまず1本を入手しておいて、より良いもので出てきたらそれと入れ替える、型とか時期が異なるのなら両方揃えておくということが多いようだ。

続きを読む "第81夜:小寸こけしの魅力(5)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第80夜:小寸こけしの魅力(4)

Toshio_mame_kao_1 またまた間が空いてしまった。毎夜更新という目標は益々遠のいてしまっている。毎夜覗きに来て下さっている方々には申し訳ない次第である。さて第25夜で「小寸こけしの魅力」と題して、土湯系の佐久間芳雄、俊雄親子のこけしを取り上げた。そして6月の友の会の例会入札に、佐久間俊雄の小寸こけしが数種出品されたことは前回報告した通りであり、私もその中の1種2本を入手出来たので、今夜はそれを紹介をしたい。

続きを読む "第80夜:小寸こけしの魅力(4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第79夜:一金会これくしょん展

1kinkai_morihide_kao 昨夜話した産地巡りの最後に仙台のカメイ記念展示館で開催されている「一金会これくしょん展」を見学してきたので、その話をしよう。米沢から仙台に行くには、北の山形経由仙山線で行くルートと南の福島経由があるが、北ルートは時間がかかるため南ルートで仙台に向かった。米沢8:06の普通電車で福島に向かい、福島からは前日東京から乗ってきたMax号に再び乗って、9:30には仙台に到着した。

続きを読む "第79夜:一金会これくしょん展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第78夜:H19年産地巡り

Mayumi_ooatama_kao 6/30(土)の朝、久し振りの産地巡りに出かけた。昨年は1度も行けなかったので1年半振りくらいである。JR東日本の「大人の休日倶楽部」の割安切符を持って、遠刈田、弥治郎から米沢と回り、カメイ記念展示館の「一金会これくしょん展」を見る1泊2日の旅であった。いつもの旅だともう一カ所くらい回るのであるが、今回は日曜日に早く帰宅したかったので4カ所に絞った。今夜はその報告である。

続きを読む "第78夜:H19年産地巡り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »