« 第92夜:初期作の味わい(7) | トップページ | 第94夜:伝喜(S33.6) »

第93夜:友の会9月例会

Toshio_daisun9_kao 今日23日は東京こけし友の会の9月例会があったので、今夜はその報告をしよう。8月は休会のため2ヶ月振りということもあってか、初めての方や遠方からの方も含めて63名もの出席があり、椅子が足りないのではという心配をするほどであった。何にしろ出席者が多いことは嬉しいことである。新品頒布は北山久美子、佐藤正廣、梅木修一の3本、入札はここ数ヶ月恒例の佐久間俊雄の戦前の古品を含めた21本、抽選は小林吉太郎小寸や奥瀬鉄則など10数本であった。

入札品のうち佐久間俊雄は8寸物1本と豆こけしが3本と2本ペアが1組。8寸ものは6月、7月に出たものと同種で今回の俊雄シリーズでは最後の1本となった。ちなみに落札価は6月が3万円台、7月と今月は4万円台であった。初期の大寸もので、これだけの出来の作品は殆ど無いのではなかろうか。他に「もりみつお」署名の美津雄こけしが1本あった。

Toshio_h1909_nyusatu_3

その他の入札こけしを紹介しておこう。やぶ睨み気味の表情が秀逸な渡辺キン、晩年作だが保存の良い斉藤松治、大頭が圧倒的な迫力の奥山喜代治、黒頭で気品のある佐藤松之進など。また、尺5寸級の超大物には、小椋久太郎の留三型、松田初見、佐藤伝伍があり、特に戦前作の初見の表情は素晴らしいものであった。ただ、それを家に持ち帰るだけのスペースがないのが返す返すも残念であった。

Nyusatu_0709_kin Nyusatu_0709_kiyoji_2

Nyusatu_0709_hatumi

|

« 第92夜:初期作の味わい(7) | トップページ | 第94夜:伝喜(S33.6) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/16547948

この記事へのトラックバック一覧です: 第93夜:友の会9月例会:

« 第92夜:初期作の味わい(7) | トップページ | 第94夜:伝喜(S33.6) »