« 第96夜:清次郎の「雪女」 | トップページ | 第98夜:津軽の競作(盛美津雄) »

第97夜:初期作の味わい(7)

Kazunori_kumesyoki_s430508k ここのところヤフオクでは所謂「定番のこけし」に人気が集中している。こけし界の先人達から評価されたこれらのこけしは確かに素晴らしい出来のものが多く、安心して集められるという利点がある。従って需要と供給の関係からこれらのこけしが高価になるのも仕方のないことであろう。一方で、あまり見向きもされないこけしの中から自分だけの1本を探し出す(しかも比較的安価に)のもオークションの楽しみである。今夜はそんなこけしを紹介しよう。

Kazunori_kumesyoki_s4305_2h もう5年近くも前のことでヤフオクを始めて間もない頃の事と記憶している。出品されたこけし(2本)は土湯系であることは分かったが、こんな目は見たことがなく誰の作かも一見では分からなかった。ただ当時から粂松のこけしに興味を持っており、陳野原和紀さんの粂松型を集めていた私には思い起こすことがあった。それは「こけし辞典」の陳野原さんの項に書かれていた次のような記述である。『43年5月の初作のころのは弘道と佐志馬をつきまぜたような胴や現在の定巳風の胴に紡錘形の目の童女画を描いていた』と。この記述の中の『紡錘形の目』がこれなのではないかと。このこけし、目以外の頭部の描彩や胴模様が粂松型であることは明白である。さらに胴底には「68.5.8」という鉛筆での書き込みがある。昭和43年5月初めの作であり、時期も「こけし辞典」と一致する。大きさは7寸4分と8寸3分。小はらっきょう型の頭で三角胴きみ、大は卵型の頭で直胴で、木地形態に違いは見られるが頭部、顔の描彩も胴のロクロ線の模様もほぼ同一。「原」となった粂松こけしは判然としない。

ところで、この紡錘形の目はどこから来たのであろうか。アフリカの土俗芸術を思わせる素朴な描彩は、しかし生命力に溢れ見るものの心を捕らえて離さない。この2本以外には、この目のこけしに巡り会ったことはない。この後、和紀さんは粂松ばりの目を描くようになるので、ほんの僅かな期間のみ描かれたものなのであろう。そう言えば第92夜で取り上げた鉄則さんの初期幸兵衛型の目も紡錘形であった。

|

« 第96夜:清次郎の「雪女」 | トップページ | 第98夜:津軽の競作(盛美津雄) »

土湯系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/16753929

この記事へのトラックバック一覧です: 第97夜:初期作の味わい(7):

« 第96夜:清次郎の「雪女」 | トップページ | 第98夜:津軽の競作(盛美津雄) »