« 第103夜:鳴子の競作(松田初見) | トップページ | 第105夜:鳴子の競作(熊谷正) »

第104夜:鳴子の競作(松田忠雄)

Tadao_kohati_h2kao 昨夜に引き続き、今夜は初見さんの孫の忠雄さんの幸八型を見てみよう。昨夜紹介した『想い出のこけし達』によれば、忠雄さんに幸八型の製作を勧めたのは著者の須田氏とのことで昭和54年とある。忠雄さんは初見さんの長男である三夫さんの長男であり松田家の直系、昭和31年の生まれで、昭和51年より木地修業を始めてこけしも作っている。

Tadao_kohati_h2 忠雄さんの幸八型がいつから本格的に作られ始めたのは定かではないが、写真のこけしは平成2年の作。昭和の末期から平成にかけて、忠雄さんは初見戦前作や遊佐民之助こけしの復元に精力を注いで、完成度の高いこけしを作っていた。この幸八型も下ぶくれの蕪頭に肩の山の低い細味の胴など、「原」こけしの持つ木地形態の雰囲気ををかなり忠実に写している。面描では眉目の湾曲は「原」より更に鋭角的であるが、間隔の開いた目・鼻の描彩など「原」の味わいを良く表している。

写真(3)左のこけしは平成11年作。右のこけしと比べると木地形態、描彩とも全体的にやや緩みが感じられる。特に幸八独特の縦長の蕪頭の形が大きめになって、その分胴が短くなっている。これは昨夜の初見さんの幸八型に見られた変化とTadao_kohati_h2hikaku 同様のものであり興味深い。面描も眉目の位置が顔の中央に下がってきており、緊張感が乏しくなってしまった。

|

« 第103夜:鳴子の競作(松田初見) | トップページ | 第105夜:鳴子の競作(熊谷正) »

写し」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/16974770

この記事へのトラックバック一覧です: 第104夜:鳴子の競作(松田忠雄):

« 第103夜:鳴子の競作(松田初見) | トップページ | 第105夜:鳴子の競作(熊谷正) »