« 第106夜:鳴子の競作(後藤希三) | トップページ | 第108夜:津軽の競作2(鉄則) »

第107夜:津軽の競作2(美津雄)

Mituo_rokuro_s62kao 津軽系の盛秀型の中では所謂「開き目(二重瞼)」のこけしに興味を持っているので、各工人のものを集めているが、「古型ロクロ」と呼ばれる胴に段があって赤、黄、緑、紫の4色のロクロ模様のこけしは特に好きなこけしである。今夜は、先ず盛美津雄さんの古型ロクロを紹介してみよう。なお「原」こけしは昭和10年前後に作られたもので「盛秀一家のこけし辞典(二)」の95頁に掲載されているものが代表的なものであろう。

Mituo_rokuro_s62 掲載の美津雄さんのこけしは「盛みつお」署名で、「S62.2」との鉛筆書きがある。美津雄さんは昭和50年代の前半からロクロ模様のこけしを作っているが、この「古型ロクロ」の作例は盛秀辞典ではS59年作が一番古いようだ。段胴にやや縦長気味の丸い頭を付けている。目は湾曲の大きい二重瞼であるがこじんまりとしていて左右に離れ、実に愛らしい。眉の下から頬にかけての目の周りをピンク色に染めているため幼子の表情を見事に表している。胴のロクロ線は4色が同じ太さではなく、中央より下の直胴の部分では黄色のみ太くして単調にならないようアクセントを付けている。

写真3の左は「S60.4.20」の鉛筆書きがある尺もの。大寸のためか胴下部は裾にかけてやや開き気味であり、胴上部にはロクロ線の間に牡丹Mituo_rokuro_s62hikaku_2 模様を配している。頭はやや角張って縦に長く、目の左右の間隔もそれほど離れておらず、またピンクの頬紅は二重の下瞼から頬にかけて控えめに塗られている。こちらは成長した娘さんの表情を表していると言えるだろう。

|

« 第106夜:鳴子の競作(後藤希三) | トップページ | 第108夜:津軽の競作2(鉄則) »

津軽系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/17030925

この記事へのトラックバック一覧です: 第107夜:津軽の競作2(美津雄):

« 第106夜:鳴子の競作(後藤希三) | トップページ | 第108夜:津軽の競作2(鉄則) »