« 第150夜:30年代の健三郎こけし | トップページ | 第152夜:2/11のヤフオク »

第151夜:30年代の松三郎こけし

Matusaburo_s30dai_kao 昨夜は大沼健三郎さんのこけしを取り上げたが、今夜は同じ鳴子系の伊藤松三郎さんのこけしを取り上げてみたい。二人のこけしは、こけしブームの折には鳴子系の双璧として引く手数多でありなかなかに入手も困難であった。私も結局入手する機会に恵まれず、今夜紹介するこけしも後日、中古品として入手したものである。緑の色調がブルーに近く、昨夜の健三郎さんのこけしと時期的に近いのではないかと思っている。

伊藤松三郎さんは明治27年の生まれ。こけしは昭和13年から作っており、特に40年代以降の所謂こけしブームの頃は、鳴子でも最も人気のあった工人である。その割には文献等での紹介は少なく、「木の花」でも取り上げられていない。戦前のこけしは肩の山が大きく盛り上がり、丸頭で可憐な表情のこけしであった。40年代以降は頭が縦長で眉が太く風格のあるこけしに変貌していく。

Matusaburo_s30dai 本稿のこけしは大きさ6寸、胴は反りが殆どなく直線的で肩の山が大きい。胴底は切りっ離しである。頭はやや角張っているが、表情はおぼこく戦前の面影を残している。第101夜で息子の松一さんの昭和20年代のこけしを紹介したが、それと比べるとやや新しさを感じるので30年代の作ではないかと思っている。40年代以降のこけしとは明らかに作風が異なっている。いかにも鄙びた山村の童女を思わせ、見ていると自然と心が和んでくるようなこけしである。昨夜の健三郎さんのこけしとは同じ6寸で、ブルーがかった緑の色調も同系統で、時代的にも同じ30年代のものと思われるが、全く異なった印象を受けるのも面白い。

|

« 第150夜:30年代の健三郎こけし | トップページ | 第152夜:2/11のヤフオク »

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/40079081

この記事へのトラックバック一覧です: 第151夜:30年代の松三郎こけし:

« 第150夜:30年代の健三郎こけし | トップページ | 第152夜:2/11のヤフオク »