« 第164夜:是伸さんの実演 | トップページ | 第166夜:国分栄一の鎌文型 »

第165夜:友の会3月例会

Turumatu_kao 今夜は東京こけし友の会3月例会の報告である。会場は今年から変更になった神田の「フォーラムミカサ」、今回で2回目のため未だ道順がうろ覚えでおぼつかない。桜の花も開花して春本番を思わせる良い天候であったが、幹事さんが2名欠席、また常連さんの何名かは秋田こけし会の例会に出掛けられたため49名の出席者であった。新会場はスペースも広く、使用に関しての制約も少なく、休日に年間を通しての予約が出来るなど会場としては理想的であるが、昨年と比べて使用料が高くなるため現行の例会会費では毎月相当の赤字となることが会長より説明された。今後、例会会費の値上げも含めた何らかの対策が必要であろう。

Omiyage0803 今月のおみやげこけしは土湯系の渡辺幸典さんのキン型、喜平型など3種。新品頒布は会費充当として送られてきた工人会員のこけしであった。土湯の斎籐弘道さんは6寸5分のこけしとコマ入りの小エジコを送ってくれた。もう相当の高齢であるにもかかわらず、エジコの中のコマは1ミリほどのものから9個も入っており、しかも代金は1300円と格安で頭が下がる。他の佐藤誠孝さん、新山吉紀さん、小笠原義雄さんはそれぞれが決めた金額で弘道さんとは対照的である。流石に弘道さんのエジコ4個はあっと言う間に売れてしまった。

Hanpu0803_2 注目の入札は、秋田に行く前か鳴子に戻って直ぐと思われる高橋盛、戦前の本田鶴松(胴の水流れが惜しい)、戦前の良い時期の新山久治、やはり戦前の小椋泰一郎、保存状態の良い盛秀太郎、異色の白畑重治、小寸ものでは佐藤喜一(子持ちこけしと思われるが子は無し)と大野栄治、それに佐久間芳雄の傘こけしの9本が出品されていた。最低価が一番高かった鶴松は入札が無く、少し値を下げて購入された。愛らしい大野栄治や佐藤喜一に人気が集まっていた。

Nyusatu0803

|

« 第164夜:是伸さんの実演 | トップページ | 第166夜:国分栄一の鎌文型 »

その他」カテゴリの記事

オークション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/40614273

この記事へのトラックバック一覧です: 第165夜:友の会3月例会:

« 第164夜:是伸さんの実演 | トップページ | 第166夜:国分栄一の鎌文型 »