« 第179夜:津軽こけしの源流を求めて(今晃2) | トップページ | 第181夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介2) »

第180夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介1)

Keisuke_hauko158_kao 今さんのこけしは2本しかないため、今夜からは温湯系列で盛秀の古こけしを追求している奥瀬恵介さんを取り上げて見たい。恵介さんは父母である鉄則さんや陽子さんが築き上げた華麗な盛秀型をそのまま継承するのではなく、盛秀太郎の戦前のこけしに焦点を当てて、その再現を目指しているようだ。つまり津軽こけしの源流を目指していると言って良いであろう。従って津軽系の若手としてその期待は大きいが、体調のこともあってその製作数は多くなく、津軽の地まで足を運ばなければなかなかそのこけしを入手出来ないのが残念ではある。

古い盛秀こけしということになると、「こけし這子の話(復刻版)」で紹介されたこけしが先ず頭に浮かぶ。その写真十一図(陸奥)の中には「古型一種と新型3種」が掲載されている。それらは「こけし這子の話 復刻本記念 こけし控」ではカラー写真で再掲されているほか、別に1本が掲載されており、都合5本ということになる。そして「図譜『こけし這子』の世界」では更に1本増えて6本がカラーで掲載されているのである。この内旧型1本を除く残りの5本までは恵介作を入手しているので順次紹介していきたいと思う。

Keisuke_hauko158_2hon 今夜は、「図譜『こけし這子』」の世界」158番のこけし。恵介さんはこのこけしを結構早くから作っており、「盛秀一家のこけし辞典(Ⅲ)」では<H14.10.31>作、No152<H15.7.4>作、No238<H15.11.21>作の3本が掲載されている。なお、恵介さんのこけしはH14年は試作期であり、H15年よりナンバリングをして本格的に作っている。本稿のこけしはNo161<H15.7.12>7寸(写真右)とNo1270<H18.4.7>4寸(写真左)。7寸の方は「盛秀辞典」のNo152と同時期の作である。「原」こけしは大きさ7寸4分で胴中程に括れのある太胴であるが、恵介こけしの方は形態がずっとスマートである。円盤から4本の手が伸びたような特異な胴模様から、158番のこけしと推定したが、面描でも上唇の描線が波打っているなど、「原」こけしをかなり誇張した部分も見られる。眼点が大きいためか、「原」こけしに見られる鋭くグロ味を帯びた独特の表情には未だなっていない。頬紅の効果もあってか、やや大人しい表情に見えるが、初々しさの残る若々しいこけしは将来への期待が持てる。4寸は小寸のためやや太いタッチでさらさらと描いた感じである。

|

« 第179夜:津軽こけしの源流を求めて(今晃2) | トップページ | 第181夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介2) »

津軽系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/41101025

この記事へのトラックバック一覧です: 第180夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介1):

« 第179夜:津軽こけしの源流を求めて(今晃2) | トップページ | 第181夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介2) »