« 第184夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介5) | トップページ | 第186夜:津軽こけしの源流を求めて(今晃3) »

第185夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介6)

Keisuke_jiten_b3_kao 前回までで、奥瀬恵介さんによる「図譜『こけし這子』の世界」のこけし5本の紹介を終わる。恵介さんは『這子』以外にも、ほぼそれと同時期の盛秀古作の写しを作っており、今夜はそれを紹介する。「原」こけしが誰のコレクションのものなのかは分からないが、「盛秀一家のこけし辞典」では大きさ5寸、昭和初期の作として掲載されている。形態は『這子』のこけしと同様、胴の中程に括れがある。肩口にはアイヌ模様、胴上下に引かれた紫黄緑赤のロクロ線の間にカメの甲羅から手が2本出たような模様が描かれている。目は左右に離れていて小さいが鋭い表情である。『這子』5本と同趣の味わいで、津軽の土俗的な体質を感じさせるこけしである。

Keisuke_jiten_b3 先ずは「盛秀一家のこけし辞典(Ⅲ)」で恵介さんのこの型のこけしを調べてみると、製作No97<H15.4.1>作が載っている。少しおとなしめであるが「原」の雰囲気を良く表わしたこけしである。赤い頬紅が愛らしい。さて本稿のこけしは写真右5寸、No440<H16.8.16>作、左4寸、No1258<H18.4.7>作。右5寸は「原」と同じ大きさであるが、こけしの雰囲気はかなり異なる。頭がやや縦長(「原」は横長)ということもあるのであろうが、面描が「原」より遙かに豪快になっているのが目を惹く。最初にこのこけしを見た時にはその大胆さに度肝を抜かれた。特に目と口が断然大きい。「原」は小さな目に凄みがあるのであるが、このこけしは大きく見開いた目で異様な笑いを浮かべている。そこには源流の津軽こけしが内包しているグルーミーな笑いに通じるものが感じられる。このH16年に作られた一連の作は、恵介さんなりに追い求めた津軽こけしの源流と言えるのでないだろうか。左4寸は小寸ということもあり口も小さくなって異様な凄みはやや薄れてしまった。

ここまで、盛秀古型として大正から昭和初期に作られたこけしを、恵介さんの写しを通して見てきた。一見して分かるようにこの時期の盛秀こけしの特徴の1つは、目が紡錘形になっていることである。これは盛秀さんの長いこけし製作の中でもこの時期だけである。この後、一側目、両瞼が上に凸の二重や鯨目が多くなるのであるが、それらのこけしについてはまた別の機会に紹介していきたいと思う。

|

« 第184夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介5) | トップページ | 第186夜:津軽こけしの源流を求めて(今晃3) »

津軽系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/41178193

この記事へのトラックバック一覧です: 第185夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介6):

« 第184夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介5) | トップページ | 第186夜:津軽こけしの源流を求めて(今晃3) »