« 第201夜:鳴子駆け歩き(3) | トップページ | 第203夜:ピーク期とその周辺のこけし(清次郎2) »

第202夜:鳴子駈け歩き(4)

Yoshinobu_sakarikanji_kao 鳴子訪問から一週間が経った。今回の鳴子訪問記も今夜が最後である。大沼秀雄さんの所で色々お話を伺ったあとは、秀顕さんの車で上野々にある柿澤是隆さんのところに向かった。お店には奥さんの眞里子さんが居られ、工房の是隆さんに電話をして頂いた。程なく、是隆さんと是伸さんがお店に来られた。是隆さんとは昨年の池袋の実演以来、是伸さんとは今年3月の千葉そごうでの実演以来なので、暫く振りというほどでもない。是隆さんは今年は未だ実演に行く予定はないとのことであった。

さて、是隆さんには持参した盛大正型を見て頂いた。今回この盛大正型を持ってきたのには2つ目的があった。1つは福寿さんがこの盛大正型を見たかどうかということを奥さんの節子さんに確かめること。そしてもう1つはこの盛大正型の「写し」をお願いすることである。

福寿さんが大正型を作り始めたのは昭和43年からで、当初は西田コレクションの盛大正型こけしをモデルにして作っていた。このこけしは「原」とそっくりではないので厳密な「写し」とは言えないだろう。翌44年になると胴模様と頭頂部の描彩が変わる(第125夜参照)。この胴模様は私の盛大正型と同じなので、このこけしを福寿さんが実際に見て大正型を作ったのかどうかが知りたかったのである。節子さんの答えは、「見たことがある」ということであった。従って、44年の大正型は私の盛大正型をモデルにして作られたものと考えられる。肩の様式(木地形態、描彩)は西田大正型と同一で原とは異なる。更に、前髪の後ろの元結(黒点)が無いのはどうしてなのか? この問題は依然として解決されていない。

Yoshinobu_sakarikanji もう1つの目的である「写し」の製作は是隆さんにお願いした。どんなこけしが出来上がるか楽しみである。出来たら友の会でも頒布して貰いたいと考えている。是伸さんには、「こけし・人・風土」に掲載されている盛勘治型尺2寸を8寸に縮尺して作ってくれるように頼んでいた。それが出来上がっていた。本稿掲載のこけしである。太くどっしりとした胴や目の描彩などに盛勘治型の特徴が良く出ている。これまでの是伸さんの勘治型とはちょっと趣の違ったこけしに仕上がっている。なお、原寸ものにプラスαしたものを別途依頼してきた。こちらもどのようなものが出来上がるのか楽しみである。

|

« 第201夜:鳴子駆け歩き(3) | トップページ | 第203夜:ピーク期とその周辺のこけし(清次郎2) »

産地訪問」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/41715026

この記事へのトラックバック一覧です: 第202夜:鳴子駈け歩き(4):

« 第201夜:鳴子駆け歩き(3) | トップページ | 第203夜:ピーク期とその周辺のこけし(清次郎2) »