« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

第229夜:鳴子こけしまつり(人形の家)

Hayasaka_komoti_ejiko_kao 今日、明日と横浜の「人形の家」で『鳴子こけしまつり』が開催されるとのことで、今日の午後で出掛けてきた。今夜はその報告である。みなとみらい線が出来て中華街まで行けるようになったので、人形の家へも行き易くなった。人形の家の前の大通りは銀杏並木となっており鮮やかな黄色に染まっていた。人形の家の前には数本の鳴子こけしまつりの旗が立っているだけで催し物の案内は出ておらず、外からはこけしの催し物をやっていることは分かり難い。大沼秀顕さんに聞いてみたが、人形の家からの要請で大々的な宣伝は出来ないとのことであった。

続きを読む "第229夜:鳴子こけしまつり(人形の家)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第228夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介8)

Keisuke_jiten_b10_kao 昨夜に引き続き、奥瀬恵介さんの盛秀初期型鯨目を紹介する。「原」は「こけし美と系譜」の120頁(プレート112)に掲載されている矢内蔵16.8Cmである。通称「頬紅もみじ」と言われているこけしである。製作年代は昭和初期とされている。このこけしがこれまでの盛秀初期作と大きく違うのは頬からオカッパ(黒頭)の横髪にかけて大きな頬紅を描いていることである。今まで紹介してきた他の初期作にも頬紅は見られたが、これほど大きく大胆に描いているものはなかった。

続きを読む "第228夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介8)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第227夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介7)

Keisuke_jiten_b00_kao 盛秀こけしの初期作は「天江コレクション」に見られるように、上下の瞼が外側に凸の紡錘形のものが代表的であるが、その他に鯨目のものや一側目のものも知られている。これらの盛秀初期作に精力的に取り組んでいる奥瀬恵介さんのこけしの中から、今夜は鯨目のものを選んで紹介したいと思う。

続きを読む "第227夜:津軽こけしの源流を求めて(恵介7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第226夜:久太郎のこけし(2)

Kyutaro_s35_kao こけしの世界では、なかなか入手出来なかったこけしを1本入手すると、同工人のこけしを続いて入手する機会がよくあると言われる。逆にせっかく入手する機会があったのにそれを逃してしまうと暫くそのこけしと出会わなくなることもある。要はチャンスがあったら逃さずに手に入れなさいということなのだろう。そのため入札での値決めには頭を悩ますことになる。もちろん財布に余裕があれば思いっきり高値をつければ良いのであるが、懐には限りがあり、また自分の入札価格に対して他の人がどう思うかということも気になることではある。一応自分が決めた価格に対して、もう少し安くしても落ちるだろうと思って手加減すると、まず後悔することになる。今までにそういうことは多々あり、経験的にも分かっているのに同じ過ちを犯してしまうのは人間の業なのであろうか。昨日の友の会の入札がまさにそれであり、戒めのためにここに記すことにした。さて、本論は昨日入手した久太郎さんのこけしである。

続きを読む "第226夜:久太郎のこけし(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第225夜:友の会11月例会

Bunichi_taisyo_kao ここのところ仕事が忙しく、掲載が滞ってしまった。今日は東京こけし友の会の11月例会があり出席したので、その報告をしたい。出席者は5×名とやや少なめだった。今月のお土産こけしは仙台の鈴木明工人。例会ギャラリーは木地山系の樋渡治一型のこけし。また、去る9日に行われた談話会「鎌田文市一家のこけし」に出展された文市工人のこけしの展示と解説も行われた。正末昭初と思われる数本の文市こけしは特に素晴らしく驚嘆の声が上がっていた。

続きを読む "第225夜:友の会11月例会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第224夜:久太郎のこけし

Kyutaro_s29_kao 木地山の小椋久太郎さんのこけしは収集家の棚には必ずあるこけしの1つだろう。ところがつい最近まで私の収集品の中に久太郎さんのこけしは無かったのである。もちろん30年を超える収集期間の中には何本かの久太郎こけしが出入りしていた。しかし今一つ私の納得のいくこけしに巡り合えず、いつしか1本も無くなってしまったのである。ここ10年程は1本で良いからお気に入りの久太郎こけしを探していた。そしてようやく入手したのが今夜紹介するこけしである。

続きを読む "第224夜:久太郎のこけし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第223夜:ヤフオクの拾いもの

Kyuya_kumematu_kao ネットオークション(ヤフオク)に出品されるこけしが増えている。こけしの処分にヤフオクを使っているのだろう。その大多数は昭和40年代以降のもので、欲しいと思うものはそれほど多くないし、そういうものは他の方々も入札するから価格も高くなる。そんな中で、稀に気になるこけしが出品されることがある。しかも他の方々には注目されず、結局出品価で落札なんてことになる。そういう時は何か得したような気分になる。今夜はそんなこけしを紹介してみよう。先週落札した久弥さんのこけしである。

続きを読む "第223夜:ヤフオクの拾いもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »