« 第222夜:友の会10月例会 | トップページ | 第224夜:久太郎のこけし »

第223夜:ヤフオクの拾いもの

Kyuya_kumematu_kao ネットオークション(ヤフオク)に出品されるこけしが増えている。こけしの処分にヤフオクを使っているのだろう。その大多数は昭和40年代以降のもので、欲しいと思うものはそれほど多くないし、そういうものは他の方々も入札するから価格も高くなる。そんな中で、稀に気になるこけしが出品されることがある。しかも他の方々には注目されず、結局出品価で落札なんてことになる。そういう時は何か得したような気分になる。今夜はそんなこけしを紹介してみよう。先週落札した久弥さんのこけしである。

Kyuya_kumematu 土湯系の佐藤久弥さんは昭和10年の生まれ。佐藤佐志馬さんの婿養子となり、38年より木地修行を始めた。こけしの製作は41年からで、43年5月には鹿間時夫氏の勧めにより粂松型に挑戦し、アヤメ模様入り巨頭の良作をものにし将来を嘱目されたと「こけし辞典」に記載されている。「こけし辞典」には43年5月、6月、9月と45年1月のこけしが写真紹介されている。鹿間氏の解説は「44年後半より一転して両鬢が長く前髪の両端目に達し、前髪と眉毛と接近、カセも長く垂れてしまって暑苦しく濃厚になった。胴も太くなったのは佐志馬の影響かも知れない。」と続く。

さて、本作を見てみよう。胴底には「45.2.23」の鉛筆書きがある。入手日なのであろう。全体的な特徴は鹿間氏の解説通りであるが、45年1月の掲載写真と比べると頭は横広きみで43年9月作に近い点も見られる。従って44年後半の作と見て良いであろう。大きく見開いたような瞳には集中力があり、中央部にアヤメ模様を配したロクロ線の色調も心地よい。久弥さんのこけしはその後、義父の佐志馬型が中心となる。従って粂松型と言える作はそれ程多くはないと思われる。このこけしは「こけし辞典」の解説を読んでいたので注目したが、そうでなければ見過ごしていたかも知れない。思わぬ拾いものであった。

|

« 第222夜:友の会10月例会 | トップページ | 第224夜:久太郎のこけし »

オークション」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/43019903

この記事へのトラックバック一覧です: 第223夜:ヤフオクの拾いもの:

« 第222夜:友の会10月例会 | トップページ | 第224夜:久太郎のこけし »