« 第242夜:弘道の太子型(4) | トップページ | 第244夜:写しと型(考)3 »

第243夜:たつみの頒布品

Koseki_mageboshi_kao この3連休はこけしの整理をしながら本ブログのネタを探していた。たまたま手にした小関幸雄さんの栄五郎型小品が民芸店「たつみ」の頒布品と気付いたので、同店発行の小冊子「こけしのささやき(No.3)」をめくってみると、中から当時の「たつみ」の明細書が出てきた。日付は昭和58年6月3日となっている。今夜はその時に入手した幸雄さんのこけしを見てみたい。

Koseki_mageboshi 「たつみ」の機関誌「こけしのささやき(No.3)」は昭和53年4月の発行で、その中では「たつみ」が力を入れていた工人のこけしが記事と共に掲載されている。小関幸雄さんのこけしに関しては、西田峯吉氏と川上克剛氏と二つの記事の中で紹介されている。また、同誌の表紙にも髷尺と傘8寸のペアが載っている。「たつみ」で小関さんの栄五郎型が初めて頒布されたのは昭和50年の半ばからで、その後数回頒布されて、52年には完成の域に達したと記載されている。表紙には大寸物のペアが掲載されているが、川上氏の項では髷6寸と傘5寸が写真で紹介されていて、この髷と傘のペアは何種類かの大きさがあったものと思われる。前述の明細書の日付から分かるように、私が入手したのは58年で、この型の完成から既に6年も経っていたが、本稿写真(2)は川上氏の紹介品と遜色なく、この秀作がかなりの期間作り続けられていたのが分かるのである。この大きさの小寸Koseki_mageboshi_1me_2 物では円らな瞳が特に愛らし く、弥治郎系の素朴な美しさを見せてくれる。なお、この時には、一筆目の髷5寸と傘4寸も一緒に入手しており、これを写真(3)で紹介する。

|

« 第242夜:弘道の太子型(4) | トップページ | 第244夜:写しと型(考)3 »

弥治郎系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/43722709

この記事へのトラックバック一覧です: 第243夜:たつみの頒布品:

« 第242夜:弘道の太子型(4) | トップページ | 第244夜:写しと型(考)3 »