« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

第253夜:ヤフオクの古品紹介(0)

Yahoauc_kohin_hako 今夜帰宅すると先日落札したヤフオクの古品が届いていた。1週間ほどかかると連絡があったが思いのほか早く届いた。小さ目の段ボール箱が2箱。はやる気持ちを静めながら夕食をとり、やがて箱を開いた、中には飴色に古色のついたこけしが入っていた。上の方には小さいものが並んでいて、これらの胴の彩色は殆ど飛んでいる。こんな状態で1箱を開け終わり、2箱目に移る。こちらには大きめのこけしが入っており、胴の色もかなり残っているものも出てきた。今夜はこれらの古品紹介のプロローグとして、まず全体を見て頂きたいと思う。

続きを読む "第253夜:ヤフオクの古品紹介(0)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第252夜:ヤフオクの古品入札

Nyusatu_kohin_kao 4日ほど前、例によってヤフオクの出品こけしを見ていると、保存の良くないこけしが纏めて出ていた。しかも既に1万円を超える入札が入っている。早速、出品こけしの写真を見てみると戦前品と思われるこけしが並んでいる。胴底の写真も載っていて何本かは工人名が記されている。しかし保存状態は良くなく色は殆ど飛んでいるものが多い。ただ全体に古色は付いているがカビやシミで汚くなっている訳ではない。写真は10枚ほど出ているが、こけしが重なっているために後ろにあるものの状態は良く分からない。そのこけし達が今夜締め切りを迎えた。

続きを読む "第252夜:ヤフオクの古品入札"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第251夜:福寿の初期作(4)

Fukyu_syoki2_kao 今夜で251夜を迎え、全体の1/4に達したことになる。このブログの開始は2006年9月なので、2年半弱でここまで来たことになる。このままのペースが保てれば開始10年で1001夜到達ということになるが、そう単純には行かないだろう。まだまだ先は長いが目標を決めて一歩ずつ歩んで行くことにしよう。次の目標は10万アクセスの達成か?(現在は9万5千を超えたところ)。また一日当たりのアクセス数150も視野に入ってきた(現在は143)。さて、今夜は先週の友の会で入手した福寿さんの初期作を取り上げてみたい。

続きを読む "第251夜:福寿の初期作(4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第250夜:友の会2月例会

Sen_kao 今日は東京こけし友の会の2月例会があり、出席したので報告したい。友の会の例会は12月を除いて毎月第4日曜日に開催されているが、今月は会場の都合で第3日曜日となった。そのためか会員の出足は鈍かったが、それでも52名の出席があった。今月のおみやげこけしは土湯系の西山敏彦さん。弁之助型、勝次型、憲一型それに本人型など様々なものがあり楽しめるおみやげとなった。例会ギャラリーは大正期盛のこけしと題して、「こけし鑑(原色版)」に掲載された盛のこけしが展示された。

続きを読む "第250夜:友の会2月例会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第249夜:佐久間俊雄のこけし

Toshio_s55kasa_kao 土湯系湊屋の佐久間俊雄のこけしは人気が高く入手難のこけしの一つである。東京こけし友の会では、昨年その佐久間俊雄のこけしが纏まって頒布された。俊雄のこけしは小寸ものが多く、8寸以上のものは殆ど見かけない。昨年の友の会でも3本しか無かった。私もこの時の頒布では小寸の地蔵型を2本入手しただけであった(第80夜参照)。最近、1本の俊雄のこけしを目にし、その表情に魅せられてしまった。今夜はそのこけしを紹介したい。

続きを読む "第249夜:佐久間俊雄のこけし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第248夜:大野栄治のこけし

Eiji_s15_kao 8日の日曜日にヤフオクで落札した大野栄治のこけしが届いたので紹介しよう。私は今まで大野栄治のこけしを1本も持っていなかった。興味が無かった訳でもなく、関心がなかった訳でもない。ただどうしても欲しいという作品に出会わなかっただけである。先週ヤフオクに出品された栄治はくびれ胴であるが8寸と手ごろな大きさであり、表情にも甘さがなくちょっと剛直な感じがしたので興味をひかれた。届いたこけしは側頭部にヒビがあり、緑も退色していて保存状態はあまり良いとは言えず、ちょっと高かったかなという気はするが、調べてみるとなかなか面白いことも分かった。

続きを読む "第248夜:大野栄治のこけし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第247夜:佐藤雅雄のこけし

Masao_s15_kao 1日(日)夜のヤフオクには2本の佐藤雅雄の古品が30分違いで締め切りを迎えようとしていた。大きさは共に8寸程で、1本は昭和18年作で佐藤雅雄と明示されていたが、他の1本は特に工人名は示されていなかった。18年作の方は胴上部がまろやかにくびれており、頭のベレー帽の下には頭髪も描かれていて如何にも雅雄のこけしと見てとれるものであった。他方は直胴で頭髪もないが、描彩には古風さが感じられた。今夜のこけしはこの時に落札できた1本のこけしである。

続きを読む "第247夜:佐藤雅雄のこけし"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第246夜:修一さんの岡長写し

Umeki_okacyo_hina_kao 先週(25日)の東京こけし友の会の新年例会には、山形の梅木修一・直美のお二人が招待工人として参加されたことは前回書いた。今夜はそのお二人にちなんだこけしを紹介したい。私は修一さんの岡長型こけしが好きで、当初からそのこけしを集めていた。そのこけし達は「梅木修一の岡長型」という小冊子に纏めたのであるが、私の夢は自分の岡長こけしの写しを修一さんに作って貰うことであった。しかし肝心の岡長こけしとは縁がないまま月日は経っていった。そうして1年半ほど前、友の会の入札に岡長こけしが出品されたのである。尺2寸の堂々たるこけしで、特にその表情に一目ぼれして運良く入手することが出来た(第85夜参照)。そのこけしの写しが出来たのである。

続きを読む "第246夜:修一さんの岡長写し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »