« 第247夜:佐藤雅雄のこけし | トップページ | 第249夜:佐久間俊雄のこけし »

第248夜:大野栄治のこけし

Eiji_s15_kao 8日の日曜日にヤフオクで落札した大野栄治のこけしが届いたので紹介しよう。私は今まで大野栄治のこけしを1本も持っていなかった。興味が無かった訳でもなく、関心がなかった訳でもない。ただどうしても欲しいという作品に出会わなかっただけである。先週ヤフオクに出品された栄治はくびれ胴であるが8寸と手ごろな大きさであり、表情にも甘さがなくちょっと剛直な感じがしたので興味をひかれた。届いたこけしは側頭部にヒビがあり、緑も退色していて保存状態はあまり良いとは言えず、ちょっと高かったかなという気はするが、調べてみるとなかなか面白いことも分かった。

大野栄治は明治37年の生まれ、大正15年、16歳の時に小倉嘉三郎に弟子入りして木地修業を始めた。昭和4年に北海道に移住し、昭和6年からは川湯温泉で木地業を続けた。戦前は昭和16年まで製作を続けたが、その後休業し、戦後は昭和26年より復活した。

Eiji_s15 さて、今回入手したこけしであるが、最初に見た時の印象は「原卿のこけし群(第二集)」の<149>に表情が近いかなという感じであった。眉太く剛直でちょっと野武士を思わせる風貌である。良く見かける栄治の愛らしいこけしとは異なる趣がある。ここから、このこけしは古いもの(戦前)という思いが出てきた。そこで「こけし辞典」を調べてみると、戦前と戦後の識別点として、(1)胴底のロクロ爪の位置、(2)前額飾りの赤点の有無の2点が挙げられている。戦前作の条件は(1)については4つのロクロ爪が全て同じ方向、(2)については3つの黒山の間に赤点が入らないこととある。この鑑別法によると、本稿のこけしは(1)では戦前作に、(2)では戦後作ということになってしまう。いずれにしろ、このこけしが戦前・戦後の境目に位置するものであることが想像された。

そこで、文献から類例を探してみることにした。戦前は昭和16年まで製作をしていたとあるが、手元の資料ではその近辺のこけしは見つからない。Eiji_s15_tume 一方、戦後の作は「美と系譜」に昭和27年作と28年作が載っているが、27年作の方は眉太く、本稿作と似ないでもない。但し表情は優しい。また、戦後の栄治こけしは胴の太さに比べて頭が横に広く大きい傾向がある。「原卿のこけし」<146>は本稿作と同型のこけしであるが、頭の形と表情の違いは明らかである。また、前額飾りの赤点であるが、本稿のこけしでは極小さく筆先をちょんと付けた程度であるが、戦後作ではかなり大きくしっかりと描かれている。このようなことを総合して判断すると、今回入手した栄治こけしは、昭和15年前後の戦前最後期か昭和26年の戦後の復活初期のこけしと考えて良いであろう。そういう意味では貴重なこけしであり、大野栄治のこけしについて調べる良い機会を与えてくれたものと感謝している。.

|

« 第247夜:佐藤雅雄のこけし | トップページ | 第249夜:佐久間俊雄のこけし »

オークション」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

弥治郎系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/44024132

この記事へのトラックバック一覧です: 第248夜:大野栄治のこけし:

« 第247夜:佐藤雅雄のこけし | トップページ | 第249夜:佐久間俊雄のこけし »