« 第258夜:ヤフオクの古品(佐久間常雄?) | トップページ | 第260夜:ヤフオクの古品(秋山清一) »

第259夜:ヤフオクの古品(秋山慶一郎)

Yahoauc_kohin_k1ro_kao 今夜は秋山慶一郎のこけしを紹介する。今回纏めて入手したこけしは飾り棚に陳列されていたものであろうか、前方に置かれていたと思われる小寸ものは退色が激しい。そんな中にあって今回の秋山慶一郎は全体的に古色がついているのは他のこけしと同様であるが、緑の色彩も鮮明に残っている。何かの偶然で残ったものであろうか。他のこけし達もこのように色彩が残っていればと惜しまれる。

Yahoauc_kohin_k1ro_syomei 蔵王系の秋山慶一郎は明治23年に鳴子で生まれた。明治39年から兄の忠について木地を習った。その後、上の山から蔵王高湯に移り、大正5年から3年間、木地屋代助の職人をした。その後も各地を転々とした後、昭和6年からは鶴岡に落ち着いた。慶一郎のこけしは昭和11年に石井真之助氏が紹介したものが最初で、それ以前のものは明確に確認されていない。昭和11年の作はボリューム感に溢れた迫力のあるこけしである。その後も戦後まで完成度の高いこけしを作った。

Yahoauc_kohin_k1ro さて本稿のこけしであるが、大きさは6寸9分であるが胴が相当長くスマートなこけしとなっている。「こけしの世界」掲載の<361>(S13.6)とほぼ同じである。「こけし辞典」掲載の昭和15年作とは胴模様の様式が明らかに異なるので、本こけしは昭和13年から14年頃の作と推測される。面描は両目の間隔が開きおおらかで気品のある表情である。昭和16年以降になると両目の中央に寄ってちまちました表情となる。もう一つ特徴的なのは胴の重ね菊模様である。赤い花弁は上下に赤点を打ち、その間に左右から花弁を描いているが、中央に大きな空間が出来て菱菊のようにも見える。これまたゆったりとした大胆な描彩で、後年の緻密な重ね菊とは異なる。胴下部の鉋溝の下には赤点を2つ打っただけで花弁は描いていない。今回の入手こけしの中でも1,2を争う優品と思う。

|

« 第258夜:ヤフオクの古品(佐久間常雄?) | トップページ | 第260夜:ヤフオクの古品(秋山清一) »

オークション」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

蔵王系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/44282867

この記事へのトラックバック一覧です: 第259夜:ヤフオクの古品(秋山慶一郎):

« 第258夜:ヤフオクの古品(佐久間常雄?) | トップページ | 第260夜:ヤフオクの古品(秋山清一) »