« 第259夜:ヤフオクの古品(秋山慶一郎) | トップページ | 第261夜:ヤフオクの古品(小林吉太郎?) »

第260夜:ヤフオクの古品(秋山清一)

Yahoauc_kohin_sei1_kao 本日、10万アクセスを突破した。また1つ目標達成である。このブログを見にきて下さる皆様に感謝!。さて今回入手した古品こけしの中には同種のこけしが2本あるものが何種類かある。昨夜紹介した秋山慶一郎も当初は2本あるものと思っていた。今夜紹介するもう1本は保存状態も悪く、退色も激しい。一側目の慶一郎かと思って胴底を見てみると、鉛筆書きで「鶴岡 秋山慶治」とある。そんな工人は聞いたことはなく、これが秋山清一のこけしであることが分かったのは「こけし辞典」で確認してからであった。

蔵王系の秋山清一は、秋山慶一郎の長男で大正4年の生まれ。鳴子の岡崎斎について木地を習得したとある。こけしは戦後の一時期、鶴岡で製作したものが少数残っているらしい。「こけし辞典」や「こけしの世界」に掲載されているものは少寸(4寸と5寸)で胴模様は独特な楓を描き、昭和22年頃の作。また「愛こけし」には肩に段のある7寸5分(S24)で重ね菊模様が載っている。

Yahoauc_kohin_sei1 さて、本稿作は大きさ6寸2分。蔵王型の形態で、胴裾に鉋溝が1本入っている。清一のこけしの特徴は目尻が下がっていることであるが本こけしはそれ程極端ではない。清一作としては早い時期のものであろうか。また、眉目とも細い筆で描き、眼点は完全に塗りつぶしていないため白抜きのようにも見える。これは意識的にそのように描いたのか、たまたま筆の毛先の関係でそうなったのかは分からない。そのため通常言われている甘く優しい表情とはやや趣が異なる。また胴の重ね菊模様は線が細くおとなしい。清一のこけしは数が少なく特に重ね菊模様は珍しいので、この退色が何とも惜しまれることである。

|

« 第259夜:ヤフオクの古品(秋山慶一郎) | トップページ | 第261夜:ヤフオクの古品(小林吉太郎?) »

オークション」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

蔵王系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/44283489

この記事へのトラックバック一覧です: 第260夜:ヤフオクの古品(秋山清一):

« 第259夜:ヤフオクの古品(秋山慶一郎) | トップページ | 第261夜:ヤフオクの古品(小林吉太郎?) »