« 第273夜:久太郎のこけし(3) | トップページ | 第275夜:友の会4月例会 »

第274夜:酒井正進のこけし

Syoshin_senzen_kao こけしの世界で中の沢と言えば、善吉に代表される所謂「たこ坊主」が頭に浮かぶが、最近はそれ以外の中の沢こけしに興味を持っている。その1つが芳蔵の本人型であり、それは第163夜と第209夜で紹介した。暫く前のヤフオクに酒井正進のこけしが出品された。正進のこけしはそれほど多くなく、文献等での紹介もあまりなされていないため、その実像は良く分からなかった。この出品作は表情も良く、戦前作と思われたので頑張って落札した。今夜はそのこけしから正進のこけしを検討してみたい。

Syoshin_senzen_yokokao 「こけし辞典」によれば、中の沢(土湯系)の酒井正進は明治32年の生まれ、中の沢温泉で土産物店を経営するかたわら、戦前から岩本芳蔵の木地に描彩したこけしを製作したとある。文献での紹介は昭和10年の『木形子談叢』が最初。「らっこコレクション図譜」には昭和13年作が、また「こけし辞典」には昭和16年作の写真が掲載されている。この2書に掲載された正進こけしはどうも表情が弱く、本稿のこけしとはやや趣が異なるように思える。

Syoshin_senzen 今日、たまたま古い「こけし手帖」を見ていたら、第89号に小野洸氏の『中の沢こけしを確かめる』という記事を見つけた。小野氏と言えば中の沢こけしを愛し、芳蔵に善吉型を復元させた功労者である。その中に酒井正進に関する記述とこけしの写真(3本掲載)を見つけた。その中で小野氏は、『写真3の左端のこけしは昭和30年1月に求めたもので、酒井作の署名があるが、この時にすでに代作のこけしが売られていたのである。正進は昭和8年からこけしを描いていることは確かだ。筆がよく走るし、うまい人だと芳蔵が言っているように、少なくとも正進作といえるこけしは昭和30年以前のものといえる。右の2本は正真正銘の正進の作で、戦前のものである。』と。ここで戦前作と言われているこけしは写真が鮮明ではないが、なかなか鋭い表情のこけしに見える。ただ本稿のこけしでは異なる点も目に付く。先ず木地形態、これまでに紹介した文献の正進こけしはいずれも肩がこけているのである。本稿のこけしは肩は丸く張っている。但し、胴底は鋸で雑に切り離したもので真っ直ぐには立たない。また、頭の形も他のこけしは横に広く平らで、頭頂部の蛇の目の位置も下がっていて、前髪も中央部が上に凹んでいる。一方本稿Syoshin_s30_5hon のこけしは頭は横広ではなく、蛇の目の位置も高く、前髪も中央部が下に凸である。更に横鬢も真っ直ぐに下に下ろしたものではなく、内側に婉曲している。また二重の瞼は目尻、目頭とも離れており、その細く鋭い表情は昭和初期の福松(「らっこコレクション図譜<63>」を参照)を思わせる。今までの正進こけしのイメージを一新させたと言っても過言ではなく、間違いなく正進こけしの代表作に挙げられるこけしである。中の沢のこけしは善吉型以外にも魅力のあるこけしが隠れているのではないだろうか。そのようなこけしを見つけるのも、こけし収集の醍醐味と言えるだろう。参考に、4枚目の写真が小野氏の記事で「代作」と言われた昭和30年代に正進作として売られていたこけしである。

|

« 第273夜:久太郎のこけし(3) | トップページ | 第275夜:友の会4月例会 »

中の沢亜系」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/44786732

この記事へのトラックバック一覧です: 第274夜:酒井正進のこけし:

« 第273夜:久太郎のこけし(3) | トップページ | 第275夜:友の会4月例会 »