« 第284夜:友の会5月例会 | トップページ | 第286夜:日陰のこけし(新山慶美) »

第285夜:保存極美のこけし(高橋盛)

Sakari_gokubi_kao 東京こけし友の会の例会のあった翌日はアクセス数が多くなる。本ブログの例会報告を見て頂けているものと思っている。さて、今夜は高橋盛のこけしを紹介しよう。もう10年以上も前になるのだが、べにや民芸店(渋谷)で照井氏所蔵のこけし展が開かれた時に購入したものである。一見して、その保存の良さに驚いたが、流石に価格も高価であり購入すべきかどうか思案した記憶がある。結局、私が力を入れている「高勘」の中心工人、盛のこけしということで購入した。

Sakari_gokubi_hikaku 一時期、『勘治型』は私のライフワークと考えていたこともあり、戦後の盛こけしでは勘治型を機会がある度に入手していた。このこけしは胴底に「1957」と購入者の鉛筆書きがあり、昭和32年頃の作と思われる。戦後の盛の勘治型は昭和27年から始まり、当初は目尻の下がった優しい表情をしたこけしであった。本作は昭和30年代の初め頃で未だその特徴が残っている作である。写真(2)右が本作で左は昭和34年作。昭和30年も中頃になると、盛の勘治型も変化を見せ始める。この2本、胴に関しては木地形態、描彩とも殆ど変わらないが、頭の形は丸くなり、面描は一新した趣である。目は目尻が上がり精悍で鋭い表情となっている。それはともかく、この2本の比較では保存状態を見て頂きたい。既に半世紀を越えたこけしである。通常は左のように木地に古色が付き、描彩の色も落ち着いた感じになる。一方の右のこけし、その肌の白さが際立っているのが分かると思う。その穏やかな表情ともども京の舞姫を思わせるようなこけしである。小麦色の肌の健康的な美少女とどちらが好みであろうか。出来立てで瑞々しく眩いばかりの色彩を放つこけしも、また年数を重ねてそれなりの色に落ち着いても魅力的な盛のこけしは、やはり私を魅了して止まないこけしなのである。

|

« 第284夜:友の会5月例会 | トップページ | 第286夜:日陰のこけし(新山慶美) »

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/45133914

この記事へのトラックバック一覧です: 第285夜:保存極美のこけし(高橋盛):

« 第284夜:友の会5月例会 | トップページ | 第286夜:日陰のこけし(新山慶美) »