« 第297夜:ヤフオクの古品(佐藤]喜一) | トップページ | 第299夜:ひやね入札結果と一金会 »

第298夜:友の会6月例会(H21)

0906reikai_masafumi_ringo 今日は東京こけし友の会の6月例会があり、出席したので報告をする。出席者は開会時点では50名を割っていたが最終的には52名となった。おみやげこけしは木地山系の北山賢一さんで4種類のこけしがあった。例会ギャラリーは田中幹事が担当。小寸こけし、ミニこけしを自作の布張りの収納箱に収めたもの3種で、手の込んだ見事なものであった。写真①は田中幹事の依頼で作られた阿保正文工人のりんご型の器。中には正文さんのミニこけしが入っている。

0906reikai_masashi_5hon 新品こけしの頒布は、土湯系の高橋通さんの5寸、忠蔵型2種(細い筆致と太い筆致)、木地山系の小野寺正徳さんと珍しい高橋久宗さん(79歳)。阿保正文さんは4寸本人型(幸兵衛風の達磨絵)と2寸幸兵衛型のミニこけし。圧巻は新進工人長谷川優志さん(健三さんの息子)の6寸各種で、早々に完売した。

入札は戦前の古品はなかったが、昭和30年代を中心とした優品が安価な最低価で出品されていた。写真③は左から、大葉亀之進の古式模様(S33年)、横山政0906reikai_nyusatu_2 五郎(70歳)、大野栄治(S39年)、大沼新兵衛、佐久 間虎吉(71歳)、小幡福松。他に佐藤巳之助(S44)、高橋忠蔵(74歳)、菅原庄七、松田初見、岩本芳蔵の善吉型が出品されていた。

|

« 第297夜:ヤフオクの古品(佐藤]喜一) | トップページ | 第299夜:ひやね入札結果と一金会 »

その他」カテゴリの記事

津軽系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/45482572

この記事へのトラックバック一覧です: 第298夜:友の会6月例会(H21):

« 第297夜:ヤフオクの古品(佐藤]喜一) | トップページ | 第299夜:ひやね入札結果と一金会 »