« 第301夜:丑蔵の兄弟達(佐藤三治) | トップページ | 第303夜:友の会7月例会 »

第302夜:丑蔵礼賛(6)

Ushizo_bun6_73sai_kao 大分間が空いてしまった。この間、覗きに来てくれた方々には申し訳ない限りである。ある工人のこけしを年代順に集めて、その経年変化を調べるのも楽しいものである。この場合、出来れば同じ型で同じ大きさ、そして胴模様も同じものである方が変化が分かりやすい。先週のヤフオクに丑蔵の文六型が出品されていた。大きさ、胴模様とも既に持っているこけし(第138夜参照)と同様なので、何とか欲しいと思っていた。入札は同好のZ氏とのマッチレースとなったが運よく入手することが出来た。今夜はそのこけしを紹介する。

Ushizo_bun6_73sai_hikaku 写真(2)の右が本稿のこけしで、左は第138夜で紹介した69歳作のこけし。本稿のこけしには73歳との署名があるので、4年程の時代差があるということになる。先ず木地形態。大きさ(高さ)は胴部、頭部とも同じであるが横幅は胴部で少し、頭部ではかなり広くなっている。その結果、胴に比べて頭が大きい遠刈田系の特徴が顕著になってきた。次に顔の描彩。目、鼻、口の位置が上がったため、眉と目の間隔が近くなった。目も遠刈田系の三日月目に近くなり、口も小さく、品のある表情である。それでも丑蔵流の味わいのある表情ではあるが、左のこけしの洒脱さには及ぶべくもない。胴模様の、上下に多数のロクロ線を配し、その間に重ね菊を描く様式は同じであるが、左のこけしと比べると、赤のロクロ線が太くなり、胴下部の紫の波線は2本の太いロクロ線に変わった。中央部の重ね菊は1輪減って2輪となり、筆の勢いも減ってやや散漫になっている。

|

« 第301夜:丑蔵の兄弟達(佐藤三治) | トップページ | 第303夜:友の会7月例会 »

遠刈田系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/45737533

この記事へのトラックバック一覧です: 第302夜:丑蔵礼賛(6):

« 第301夜:丑蔵の兄弟達(佐藤三治) | トップページ | 第303夜:友の会7月例会 »