« 第319夜:喜平こけしの変遷 | トップページ | 第321夜:「たつみ」以前の昭一こけし »

第320夜:喜平こけしのドングリ眼の秘密

Kurime_kakuji_kao ここ数日、喜平こけしの変遷をながめてきたが、その中でどうしても気になったのが、あの「どんぐり眼」なのである。あのドングリ眼は喜平がこけしを作り始めた昭和16年から既に作られているのである。喜平がこけしを作るにあたっては当然参考にしたこけしがあったはずで、それは角治・キンのこけしであるのが自然である。そうであれば、その作るこけしは鯨目であるのが普通である(確かに鯨目も作られてはいるのだが・・・)。そんな思いを抱きながら「こけし春秋」を見ていたら一つの記事に目がとまった。今夜はその話をしよう。(写真は「こけし春秋」より転載)

Kurime_hikaku その記事は「こけし春秋(NO.88)」に掲載された今井氏『作者不詳のこけし(その弐 鯖湖こけし)』である。その中で今井氏は1本のこけし(5寸9分)を示し、そのこけしが一見すると喜平のこけしと思われるが、昭和16年の喜平こけしと比べると全く異なる情味を持ち、姿、胴模様、筆使いも異なり、明らかに別人の作であると述べている。また、同型のこけしとして「木の花(第弐拾九号)」記載の『こけし文献手かがみ(7)』に載っている<こけし>の渡辺喜平を挙げている。また「古計志加々美」掲載の(34)渡辺喜平も同型で、これは「こけしの世界」に採録されている。写真(2)を見て貰いたい。右より①「こけし春秋」、②「古計志加々美」、③「東北のこけし」、④「筆者のこけし(第263夜参照)」である。こう並べて見ると、確かに①のこけしは他とは雰囲気が違う。但し、①、②は共通点が多い。胴模様のロクロ線の様式が同じこと、前髪が頭頂部の太い蛇の目に直接接していること、横鬢が小さいことなどで、これらは③、④とは明らかに異なる。ところで、今井氏は①のこけしを「角治の古型」ではないかと推測されている。その今井説に従って考えてみて、③、④が喜平であることは間違いないであろう。では②はどうであろうか。どうしても目の描彩に角治とは違和感を感じるのである。それは単に使った筆の太さによるものなのかも知れないが・・・。①は角治、②は喜平の初期作で角治のこけしを忠実に真似たもの、③、④は喜平が自分流に描いたものとは言えないだろうか・・・。

|

« 第319夜:喜平こけしの変遷 | トップページ | 第321夜:「たつみ」以前の昭一こけし »

古品」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/46269611

この記事へのトラックバック一覧です: 第320夜:喜平こけしのドングリ眼の秘密:

« 第319夜:喜平こけしの変遷 | トップページ | 第321夜:「たつみ」以前の昭一こけし »