« 第330夜:津軽の競作3(北山盛治) | トップページ | 第332夜:ピーク期前夜の文吉こけし »

第331夜:友の会10月例会

0910reikai_syotaro_kao 今日は東京こけし友の会の10月例会があり出席したので、その報告をする。近隣の「ひやね」の入札・即売会も開催されており、56名の出席者があった。おみやげこけしは南部系の煤孫盛造さんで茂吉型、実太郎型、本人型のキナキナ各種やロクロ線入りなど6種類のこけしがあった。ギャラリーは津軽系の盛秀型古型ロクロ各種で鉄則、陽子、恵介、美津雄さんのこけしが展示・解説された。なお、口絵写真は抽選に出品された珍品、秋保の小林正太郎のこけしである。

0910reikai_shinpin 新品頒布は、最近人気の高い津軽系の長谷川健三、優志親子のこけし各種、土湯系で養成学校卒業生で初めて工人となった井上正孝さん、他に青根の佐藤忠さんの幸之助型、新山真由美さんの福太郎型があった。写真(2)は長谷川親子のこけしで、向って左側が健三さん、右側が優志さんの作品。

入札(写真3)は、第二のピーク期と言われる時期の作で保存完璧の佐藤文吉2本(40年作、43年作)、佐藤丑蔵(76歳)の文六型、大頭で保存0910reikai_nyusatu 完璧の大野栄治(40年作)、33年の大葉亀之進の古型、初期の2代目佐久間虎吉、「たつみ」頒布以前の昭和30年代の素朴な佐藤巳之助、佐藤英太郎の44年、こげす型の復活作など11本が出品された。なお文吉と丑蔵は運よく落札できたので、別途報告したい。

抽選品(写真4)では、口絵写真で紹介した秋保の小林正太郎や土湯系、西山憲一の保存完璧で珍しい徳二型、やはり保存完璧でボリューム感に溢れるの石沢角四郎などが注目さ0910reikai_cyusen れた。

|

« 第330夜:津軽の競作3(北山盛治) | トップページ | 第332夜:ピーク期前夜の文吉こけし »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/46585064

この記事へのトラックバック一覧です: 第331夜:友の会10月例会:

« 第330夜:津軽の競作3(北山盛治) | トップページ | 第332夜:ピーク期前夜の文吉こけし »