« 第360夜:阿部正義のこけし(2) | トップページ | 第362夜:小林善作のこけし »

第361夜:津軽の競作3(阿保正文)

Masafumi_kasakobe_kao こけし産地はどこも後継者難に頭を悩ませているが、津軽系では若手の後継者が生まれており明るい話題になっている。阿保六知秀さんの息子の正文さんもその一人である。まだ規定の修業期間を終えていないということで津軽系こけし工人会の正式会員になっておらず、こけしコンクールにも出品していないが、既に立派なこけしを作っている。今夜は昨年友の会の例会で頒布された笠幸兵衛型を紹介しよう。

Masafumi_kasakobe 阿保正文さんは昭和58年の生れ、阿保六知秀さんの息子である。平成17年の大学卒業後に父に弟子入りし木地修行を始めた。こけしは平成18年から作っている。六知秀型と幸兵衛型が中心であるが一作ごとに腕を上げ、幸兵衛型でも良いこけしを作るようになった。今回の型は笠幸兵衛。写真(2)に六知秀さんの同型(平成7年作)と並べてみた。ご覧のように、六知秀さんとそん色ない出来栄えである。木地形態はややずんぐりとしており、顔が四角い。胴のロクロ模様の配色は「原」に合わせている。外側に寄った瞳は若々しく凛としており、流石に若手工人の作と思わせる。笠の紫の縞模様が5本になっているのは「原」を知らないためか、それともアレンジしたものか(?)。正文さんは若いだけあって、豆こけしや細工物などにも積極的に挑戦しており、将来が大いに期待される。暖かく見守りたいものである。

|

« 第360夜:阿部正義のこけし(2) | トップページ | 第362夜:小林善作のこけし »

写し」カテゴリの記事

津軽系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/47359447

この記事へのトラックバック一覧です: 第361夜:津軽の競作3(阿保正文):

« 第360夜:阿部正義のこけし(2) | トップページ | 第362夜:小林善作のこけし »