« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

第396夜:是隆さんの初期作

Koretaka_futu_s48_kao

今夜はヤフオクに岸正男さんの戦前作が出ており、とても良い出来だったので私も参戦したが、流石に他にも目をつける方があって値が上がり、残念ながら断念した。さて、先日、柿澤是隆さんの大正型初期作をお見せしたが、今夜はその他の初期作を紹介したいと思う。是隆さんの独立は昭和47年。それまで福寿の店の職人をしていたため、その作るこけしは福寿作を手本としたように思える。それを見て頂きたい。口絵写真は是隆さんの普通型。

続きを読む "第396夜:是隆さんの初期作"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第395夜:友の会4月例会

1004reikai_setaro

今日は東京こけし友の会の4月例会があり、出席したのでその報告をする。4月例会は毎年総会が開催され、新品こけしの頒布はお休みである。例会への出席者は58名で、内正規の会員は55名であった。おみやげこけしは鳴子系の柿澤是伸さん。例会ギャラリーは遠刈田系の梅こけしのお話。中古こけしの頒布、抽選こけしの頒布、入札と続いて第一部は終了。第二部はこけし界ニュースのあと、総会の開催となった。総会は21年度の活動報告、会計報告、22年度の活動計画、予算案と続き、質疑応答を経て終了となった。当面の最大の課題は会員数の減少とそれに伴う赤字財政。繰越金も今年一杯で底をつく状況が報告され、会員増に向けて会員各位への協力要請が行われた。口絵写真は、入札品の河村清太郎のこけし。

続きを読む "第395夜:友の会4月例会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第394夜:年代推定(是隆大正型)

Koretaka_taisyo_s52_kao

年代詐称や加筆・修正疑惑が囁かれる中、そのヤフオクで1本のこけしを入手した。柿澤是隆さんのこけしである。独特の胴模様から、それが大正型であることは分かったが、面描などは今までに見かけたことがないものである。出品者の解説では「昭和52年作、52年入手」とある。こけし自体には、是隆さんの署名以外に製作時期を示すような書き込み等は見られない。もちろん、是隆さんに会って見て貰えば正解は出てくるのだが、それは後での楽しみにとっておいて、とりあえず分かる範囲で年代推定を試みてみた。

続きを読む "第394夜:年代推定(是隆大正型)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第393夜:20万アクセス突破御礼

Tetunori_futodaruma_kao

ここのところ本ブログへのアクセス数が急激に増えている。昨夜は19万台だったアクセス数が今朝見たら20万を突破していた。そして、今夜の23時を過ぎた時点では20万1千に達しようとしている。先ずは20万アクセス突破のお知らせと御礼を皆様に申し上げたい。今夜のこけしは友の会の入札で入手した奥瀬鉄則さんの盛秀型のこけし。大きさは尺。

続きを読む "第393夜:20万アクセス突破御礼"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第392夜:これは誰のこけし?

Shingo_kao

昨夜のヤフオクに出た岩蔵を見ていて、1本の作者不明のこけしを思い出した。今夜はそのこけしをお見せしたい。これは、「こけし手帖(470)」で取り上げられたこけしでもある。そこでは工人名として中鉢新吾を挙げている。こけしの胴底に「中鉢晋吾」という鉛筆書きがあるからであろう。中鉢新吾(晋吾)は「こけし辞典」によれば大正12年の生まれで大沼竹雄の弟子として2年間修業し、昭和22年より中山平で開業し、こけしも作って大阪の乙三洞などへ出していたが、間もなく転業したとされる。

続きを読む "第392夜:これは誰のこけし?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第391夜:専蔵の伊太郎型

Senzo_itaro_kao

先ほどまでヤフオクの入札を見ていた。保存状態のとても良い岩蔵(昭和15年頃か)が出ていたからである。尺4寸という大きさと結構金額が上がったために途中で断念したが、なかなかに良いこけしであった。さて今夜は、先週、ヤフオクで入手した毛利専蔵の伊太郎型である。専蔵のこけしというと、胴に二段の梅花模様を描いた愛らしい表情のこけしか、盛秀を模した括れ胴の達磨絵こけししか知らなかった。伊太郎型のこけしは、善二系列の各工人が作っているが、専蔵の伊太郎型は初めて見たので入手した訳である。

続きを読む "第391夜:専蔵の伊太郎型"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第390夜:治助のこけし

Jisuke_s16_kao

先ほどまでヤフオクで疑惑の喜一こけしをゲットしようと頑張ったが、競争相手も引かず金額が高くなったので断念した。何とか入手して疑惑を解明したかったのだが残念であった。さあ、気持を切り替えて今夜は阿部治助のこけしを見てみよう。このこけしも第388,389夜で紹介した新次郎こけしを一緒に入手したものである。治助のこけしは相当数が残っているとされるが、ヤフオクや友の会、ひやねの入札会でもあまり見かけることがない。私も1本も持っていなかったので勉強のため入手したものである。

続きを読む "第390夜:治助のこけし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第389夜:新次郎のこけし(2)

Shinjiro_s16a_kao

ここ数日、本ブログへのアクセスが急激に増えてちょっと驚いている。こけしの本の紹介と偽弘道の記事が原因のようだ。いつものこけし紹介とは少し趣が違っていたのが興味を引いたのかも知れない。それはさておき、今夜は先に入手した3本の阿部新次郎のこけしの内、昨夜紹介しなかった残りの1本を紹介しよう。3本同時に紹介しなかったのは、今夜の1本は他の2本と作風がやや異なっていたからである。

続きを読む "第389夜:新次郎のこけし(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第388夜:新次郎のこけし

Shinjiro_s16_kao

今夜は先月ヤフオクで入手した阿部新次郎のこけしを紹介したい。入札には新次郎が3本、治助が2本の計5本が纏めて出品されており、いずれも昭和16年頃のもので保存状態も良いということもあって、それなりの落札価となった。私は黒くなった新次郎を1本しか持っていなかったので、治助と新次郎のこけしを勉強するためもあって入手したのである。こけしと言っても好みがあるので、沢山集めているものはそれなりに詳しくなるが、そうでないものは知識もあまりないままなのである。こけしを入手することは、その工人とこけしについて勉強する切欠ともなるのである。

続きを読む "第388夜:新次郎のこけし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第387夜:偽「弘道の微笑み」発見!

Hiromichi_nise_s34_kao

現在ヤフオクに出品されているこけしの中に、ちょっと気になる作があったのでお知らせしたい。それは胴底に書かれた日付が、明らかに間違ったものだからである。そもそも、胴底には工人自身の署名以外に、入手者がメモのつもりで記入したものもあり、日付や購入場所、値段などが多い。この中で特に注意を要するのが日付であろう。工人が書いた場合には製作日であることが多いが、入手者が書いた場合は入手日であることが多い。中古(古品)で入手した場合には、この日付は製作時期を示す指標ともなるが、間違っている場合も多いので気をつける必要がある。

続きを読む "第387夜:偽「弘道の微笑み」発見!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

第386夜:こけしの本紹介

Book_100410_cover

ここのところ年度末で何かと忙しく本ブログの更新が滞ってしまった。そんな中で久し振りに、こけしの本が出版されたので紹介したい。こけし関係の新作本は少なく、出ても、こけしと工人を紹介した所謂こけしガイドブックか古品こけしの写真集である。今回出版された本は、それらとは趣が異なり、こけし全般について豊富な写真とイラストで解説したもので、こけしの入門書としては最適である。何より価格が安く(税別で1600円)、全国の書店で発売されるというのが嬉しい。発売日は本日(10日)である。口絵写真は、表紙でこけしは奥瀬恵介作。本の購入や問い合わせは、青幻舎のホームページ(http://www.seigensya.com)を参照されたい。

続きを読む "第386夜:こけしの本紹介"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »