« 第401夜:友の会おみやげこけし(昭和58年後半) | トップページ | 第403夜:友の会おみやげこけし(昭和59年後半) »

第402夜:友の会おみやげこけし(昭和59年前半)

Omiyage_s59u_tunehiko

今夜は、友の会おみやげこけしの昭和59年前半の6本を紹介する。1月は鳴子系の高橋正吾さん4寸と弥治郎系の佐藤誠孝さん4寸、2月は鳴子系の大沼秀顕さん4寸2分、3月は秀顕さんのお父さんの大沼秀雄さん4寸2分、4月は山形系の小林忠次郎さん3寸3分(故人)、5月は土湯系の渡辺恒彦さん3寸3分のこけしである。

口絵写真は恒彦さんのこけしの顔アップ。

Omiyage_s59u

正吾さんは、柴田長吉郎氏蔵の武蔵戦前作4寸の復元作で、白胴と黄胴の2種。誠孝さんは、父誠の弥治郎・平時代を思わせる素朴な型。秀顕さんは販売用の初作となる記念すべきデビュー作。秀雄さんは、岩太郎から続く大沼家の正当派のこけし。忠次郎さんは、父清蔵の型を継承したこけし。恒彦さんは、作蔵型が中心であるが、今回は珍しい帽子こけしで、頭には小豆が入っている。

|

« 第401夜:友の会おみやげこけし(昭和58年後半) | トップページ | 第403夜:友の会おみやげこけし(昭和59年後半) »

その他」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

東京こけし友の会」カテゴリの記事

豆こけし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/48374921

この記事へのトラックバック一覧です: 第402夜:友の会おみやげこけし(昭和59年前半):

« 第401夜:友の会おみやげこけし(昭和58年後半) | トップページ | 第403夜:友の会おみやげこけし(昭和59年後半) »