« 第410夜:友の会おみやげこけし(昭和61年) | トップページ | 第412夜:求のこけし(戦前) »

第411夜:友の会5月例会

1005reikai_gyarally_yoshizo_kao今日は東京こけし友の会の5月例会があり、出席したのでその報告をする。昨日とは打って変わった雨天の中、出席者は51名だった。新入会の方がお子さん連れで来られ、何年かぶりの賑やかな例会となった。お土産こけしは土湯系の渡辺隆さん。ギャラリーは中の沢、岩本芳蔵の本人型。新品は4点、入札は10点、抽選は15点であった。第2部は、土湯こけしまつりと白石の全日本こけしコンクールの審査状況が、スライドを交えて紹介された。

口絵写真は、芳蔵本人型の顔アップ。

1005reikai_gyarally 写真(2)は例会ギャラリーの芳蔵本人型と中ノ沢の関連こけし。中央は戦前の本人型で、善吉とは違った形で中ノ沢の風土性が現れている。太い胴に大きく描かれた牡丹模様と相まって、存在感に溢れたこけしである。その向かって左は戦後の本人型。左端は善吉型。向かって右の2本は中ノ沢の他の工人のこけし。中ノ沢というと即、善吉型を思い浮かべるが、善吉型でなくても中ノ沢の風土性が見て取れる。なお、芳蔵本人型は第163夜と209夜を参照。また芳蔵善吉型は第95夜と109夜、110夜を参照されたい。

1005reikai_hanpu_new

写真(3)は新品頒布こけし。左端は白石のコンクールで第2位の経済産業大臣賞を受賞した阿保六知秀さんの伊太郎型6寸。目尻のつり上がった表情が印象的。左から2番目は三春文雄さんの泰一郎型7寸。赤と紫の蝶が飛んでいるのは三春さんのアイデアであろう。3番目は、正月に頒布して好評だった大沼秀雄さんの伝・岩太郎型6.2寸。80才の高齢とは思えぬ若々しい描彩に感嘆。右端は西田記念館所蔵の佐藤栄治の写し4.4寸。木地形態、描彩とも原の雰囲気を良く出している佳品。他に渡辺通、順子夫妻の豆こけしも頒布され、好評だった。

1005reikai_nyusatu 写真(4)は入札品。左端は白畑重治7寸で昭和15年冬に工人宅で直接入手したもの。その経緯はこけし手帖27号に載っている。次いで山尾武治の線前作で表情が素晴らしい。次は村井操の8寸。とぼけたような表情が津軽の風土とよくマッチしている。次いで長谷川清一の戦前作尺。保存状態も良く、表情は整っている。次は佐藤春二の皮付き6寸。皮との境目は手描きでロクロ線を描いている。右の3本は初期の盛みつお。くびれが細く、表情には若々しさが溢れている。

|

« 第410夜:友の会おみやげこけし(昭和61年) | トップページ | 第412夜:求のこけし(戦前) »

その他」カテゴリの記事

中の沢亜系」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

コメント

芳蔵本人型。良いですね。画像からですが、谷内六郎が画く、どこか郷愁のある子供たちの表情に似ていて、観る者の心を惹きつけます。現物を観たかったです。

投稿: 木童舎 | 2010年5月24日 (月) 21時54分

芳蔵の善吉型は上手いけれど、どうしても作られたという感じが抜けない。そこへいくと本人型は自然体。そこが良いんでしょうね。芳蔵本人型はもっと評価されるべきですね。現物は本当に魅力的ですよ。

投稿: 国恵志堂 | 2010年5月24日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/48442382

この記事へのトラックバック一覧です: 第411夜:友の会5月例会:

« 第410夜:友の会おみやげこけし(昭和61年) | トップページ | 第412夜:求のこけし(戦前) »