« 第398夜:友の会おみやげこけし(昭和57年後半) | トップページ | 第400夜:盛秀型の達磨絵こけし »

第399夜:友の会おみやげこけし(昭和58年前半)

Omiyage_s58u_heshiro

今夜も友の会のおみやげこけしである。昭和58年となり、おみやげこけしとして2年目を迎えたわけである。頒布こけしは、陳野原和紀(故人)、佐藤忠雄、本田裕輔、阿部平四郎・陽子、本田亀寿(故人)、岡崎斉司(故人)の7人。この内既に3人が鬼籍に入られてしまった。こけしブームの熱気が遙か昔のように感じられる。

口絵写真は、阿部平四郎さんの顔アップ。

Omiyage_s58u

写真は右から、1月頒布の土湯系の陳野原和紀さん4寸2分(粂松型)と南部系の佐藤忠雄さん4寸1分(照井音治型)。2月は弥治郎系の本田亀寿さんの息子の裕輔さん3寸(亀寿型)、3月は木地山系の阿部平四郎さん3寸1分であるが、この月は平四郎さんの妻陽子さんのこけしと半々(50本ずつ)の頒布であった。4月は本田亀寿さん3寸、5月は鳴子系の岡崎斉司さん4寸2分と続く。

|

« 第398夜:友の会おみやげこけし(昭和57年後半) | トップページ | 第400夜:盛秀型の達磨絵こけし »

その他」カテゴリの記事

木地山系」カテゴリの記事

東京こけし友の会」カテゴリの記事

豆こけし」カテゴリの記事

コメント

どれもこれも、愛らしくて触れたくなります。
東京こけし友の会の、ご尽力、実力、素晴らしいです。
東京がもっと近かったらな、と、つくづく思います。
こうして、以前のおみやげこけしをご紹介くださるのも
愉しみにしております。

投稿: kuma | 2010年5月10日 (月) 10時00分

継続するって凄いことだと思います。毎月1本ずつの小さなこけしなのですが、それが30年分も揃うと、そのカラフルさ・迫力は凄いものです。その一端でも感じ取ってもらえれば嬉しいです。

投稿: 国恵志堂 | 2010年5月10日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/48311982

この記事へのトラックバック一覧です: 第399夜:友の会おみやげこけし(昭和58年前半):

« 第398夜:友の会おみやげこけし(昭和57年後半) | トップページ | 第400夜:盛秀型の達磨絵こけし »