« 第419夜:友の会旅行(おみやげこけし) | トップページ | 第421夜:友の会旅行(勘治3) »

第420夜:友の会旅行(深沢コレクション)

Fukazawa_bunroku_kao

暫く間が空いてしまったが、今夜も友の会旅行の続きである。1日目はカメイ記念展示館を見学し、鳴子にて工人さん方との懇親を深めた後、翌る2日目は昨日の雨が嘘のような好天に恵まれた。2日目の目玉は日本こけし館の深沢/溝口コレクションの見学である。菅原館長に迎えられ、こけし館の概略のお話を聞いた後、いよいよ待ちに待ったこけしの見学が始まった。菅原館長が直々カラズ戸の鍵を外して下さり、ガラス戸が左右に開けられた。口絵写真は文六の顔アップ。

Kokeshikan_zenkei

写真(2)は展示室の様子、こけし館の入口を入った左手にある。向かって右の壁面から奥にかけてが深沢コレクションであり、左手に溝口コレクションが展示されている。右奥の作務衣を着ている方が菅原館長。深沢コレクションも溝口コレクションも正式な図録が出ておらず、そういう意味からも、こけしに直に触れて、写真撮影も出来る旅行会はありがたい企画であった。

この深沢コレクションにも小原直治が1本ある。前日

Fukazawa_naoji_hikaku_3

カメイ記念展示館で保存状態の良い直治を見た後であり、良い比較が出来た。深沢コレクションの直治は保存状態が良くなく、緑の色は殆どとんでしまっている。従って、比較の対象は主に顔の表情ということになる。写真(3)右が深沢コレクションの直治で、左がカメイの直治。切れ長の鋭い表情に変わりはないが、カメイ直治は目が中央に寄って、より集中度が高い。一方、深沢直治の方はややゆったりと描かれ、おおらかな表情となっている。この2本は、全国で数本確認されている直治こけしの中でも第一級のものと言ってよいであろう。数々の名品を所蔵する深沢コレクションであるが、その保存状態が良くないのが残念である。

Fukazawa_eiji_4hon

写真(4)は佐藤栄治のこけし4本である。もちろん深沢コレクションの目玉と言ってもよいこけしである。写真に撮るために場所を移動し並べ替えたものである。このこけし達から受ける印象は強烈である。ここまで来ると、もう保存状態がどうのこうのと言った議論は不要であろう。

|

« 第419夜:友の会旅行(おみやげこけし) | トップページ | 第421夜:友の会旅行(勘治3) »

古品」カテゴリの記事

弥治郎系」カテゴリの記事

肘折系」カテゴリの記事

遠刈田系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/48610634

この記事へのトラックバック一覧です: 第420夜:友の会旅行(深沢コレクション):

« 第419夜:友の会旅行(おみやげこけし) | トップページ | 第421夜:友の会旅行(勘治3) »