« 第436夜:7月例会で入手したこけし | トップページ | 第438夜:還暦の危機 »

第437夜:老女の厚化粧(太治郎晩年作)

Tajiro_s16koro_kao

先日ヤフオクで落札した太治郎のこけしが届いた。出品写真が不鮮明だったので、現物に対して多少の不安を抱いていたが、保存状態はまあまあ満足のいくものであった。ヤフオクでこの出品写真を見た時に、太治郎だとは思ったが、文献等で通常目にする太治郎とはいささか異なる雰囲気を感じたのは確かである。その疑問を解消する意味からも、ぜひ入手したいこけしであった。口絵写真は、太治郎の顔を下からアップにしたもの。

Tajiro_s16koro

「木の花(第参拾号)」の『連載覚書(29)太治郎こけし』によれば、太治郎のこけしは「前期」「中期」「後期」に分けられ、「後期」は昭和11年以降だという。そして、この時期のこけしについては『目は大きくたれ気味となり、前髪も長くたれ下がって、だれた表情となって作行が極端に落ちてしまう』と述べられている。また、「こけし辞典」では『体力の落ちた晩年作では目鼻しだいに下方に移り、大きな鼻とあいまって、にやけた表情となった。このころの物は老女の厚化粧といわれ、・・・』と記載されている。本稿のこけしは、この後期の特徴に合致しており、後期から晩年作と考えられる。それでも多少の違和感を感じるのは、胴のロクロ線模様が通常の様式と異なるのと、眉・目の描線が細く、色も薄いことである。太治郎のこけしの胴模様は、本人型と言われる波線模様と古型といわれる返しロクロ模様の2種があり、その様式には殆ど変化は見られない。本稿のこけしの胴模様は本人型であるが、肩の部分に赤2本、紫3本のロクロ線が余分に入っている。このようなロクロ模様は「愛玩鼓楽」(38)に類例を見るのみである。几帳面に規格通りに描き続けられた太治郎の胴模様も、晩年には崩れてきたということなのかも知れない。また「こけし辞典」によれば、こけしの製作数は、昭和15,6年ころは年に数本しか作れず、17年には製作を止めているから、晩年の製作数は少ないと考えられる。本稿のこけしは眉・目の描線に力がないことから、かなり晩年の作と考えられ、その晩年作が文献等にあまり載っていないことから、見慣れない太治郎こけしと思ってしまったものと考えられる。

|

« 第436夜:7月例会で入手したこけし | トップページ | 第438夜:還暦の危機 »

オークション」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

コメント

老女の厚化粧…
いやらしい色気のある、とても魅力的な表情だと思います。目が離せません。

投稿: :☆:*・*:☆:*・*:☆: | 2010年7月31日 (土) 21時11分

お顔の比重がだいぶ低い位置になるので
下からと正面からではずいぶんと違う表情に見えるんですね
こけしもいろんな角度から顔見て見ようと思いました

投稿: kuma | 2010年8月 2日 (月) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/49015128

この記事へのトラックバック一覧です: 第437夜:老女の厚化粧(太治郎晩年作):

« 第436夜:7月例会で入手したこけし | トップページ | 第438夜:還暦の危機 »