« 第450夜:国敏さんの治助型 | トップページ | 第452夜:善吉(中) »

第451夜:善吉(小)

Zenkiti_s7_syo_kaoヤフオクで木形子洞頒布こけしの入札が終わってから1週間が経った。その後もヤフオクでは古品(級)の出品が続いているが、懐、気力とも木形子洞頒布こけしで使い尽くしてしまったためか以前ほどの熱意が湧かず、眺めて過ごしていた。今日も泰一郎や俊雄、慶一郎の締切があり、久しぶりに参加はしたものの息が続かず、結局途中でリタイアしてしまった。さて、待望の善吉こけしが届いたので紹介したい。

Zenkiti_s7_syo_hikaku

大きさ3寸1分、木形子洞頒布のラベルが貼ってあり、古形子洞頒布品である。木形子洞頒布での善吉の頒布は昭和7年であるので、本稿のこけしは昭和7年作ということになる。岩本善吉は明治10年の生まれ。明治34年に東京浅草で木工旋盤を習ったのが木地業の始まりである。大正12年より中の沢で木地業を始め、こけしを作り始めたのは昭和元年頃とされる。昭和9年には亡くなっているため、こけし製作は9年間ほどで残る作品は多くない。「木の花(第弐拾七号)」の連載覚書『善吉こけし』では、この9年間を4期間(前期、中期、後期、最晩年)に分けており、木形子洞頒布は中期にあたる。ギョロ目の特異な表情で善吉の代名詞になっているのは後期のこけしである。中期のこけしはおとなしい表情のこけしが多いのであるが、本稿のこけしは小寸ながら目は大きく見開き眼点にも勢いがある。丸い口に打たれた紅は、舌を出しているようにも見える。何とも、こましゃくれた表情であるが小寸であるがゆえに愛らしい。この小こけしには既に後期のギョロ目の前兆が垣間見れるのである。今回の入札で出品された3本の善吉の中では、一番「強烈な」善吉の雰囲気を伺わせている。今回出品された古品こけしは文献等で紹介されたものではないから、新たに発見された善吉こけしと言うことが出来る。既発表の小寸こけしと比べても出色の出来ではないかと思う。80年近く前のものであるにもかかわらず、色もよく残っており、高々10センチに満たない小品ではあるが、その存在感は絶大なものがあると思う。

|

« 第450夜:国敏さんの治助型 | トップページ | 第452夜:善吉(中) »

オークション」カテゴリの記事

中の沢亜系」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

コメント

なんとも愛らしく憎めないお顔ですね。こんな小寸が届いたら、お喜び、充分伝わります!

投稿: kuma | 2010年9月19日 (日) 06時50分

可愛らしいと言うより、小生意気な顔ですよね。口を曲げてふくれているようにも見える。でも確かに憎めない顔。当時はこんな顔をした子供がいたんでしょうね。

投稿: 国恵志堂 | 2010年9月20日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/49480203

この記事へのトラックバック一覧です: 第451夜:善吉(小):

« 第450夜:国敏さんの治助型 | トップページ | 第452夜:善吉(中) »