« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

第493夜:大宮正安のこけし(安次郎型)

Masayasu_yasu_s62_kao

昨夜は大宮正安の勝之助型を紹介したが、今夜は本来の型である父安次郎の型(古型)を紹介したい。昭和34年から作り始めた正安のこけしは当初は頭が大きく目の描線の細い鋭い表情のものであった。その後、昭和36年に安次郎型を作って友の会でも頒布したとあるが、以降は頭の丸い蔵王共通型を作っていた。友の会が再び安次郎型を頒布したのは昭和59年6月のこと。更に昭和62年には、下瞼のある安次郎を3種頒布している。今夜は、その安次郎型である。

続きを読む "第493夜:大宮正安のこけし(安次郎型)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第492夜:大宮正安のこけし(勝之助型)

Masayasu_katu_s56_kao

今年も今日で仕事納め。午前中に最後の仕事を済ませ、午後からは納会で1年の諸々の事を酒で流して終了した。30日から3日までの5日間が正月休みである。今年はヤフオク等で入手した古品もかなり紹介したが、昭和40年代から50年代の所謂「戦後のこけしブーム」の頃に作られた作品を今一度見直してみるのも意義があるのではないかと思う。昨今は、当時蒐集されたこけしが中古品としてかなり出回っており、それらを見る時の参考になればと思う。今夜は、蔵王系、大宮正安の勝之助型である。

続きを読む "第492夜:大宮正安のこけし(勝之助型)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第491夜:久弥の粂松型

Kyuya_kumematu_s4306_kao

ヤフオクを見るのはもう習慣となっているので、旅行などでインターネットが使えない場合を除いてほぼ毎日覗いていることになる。そうしていると時々、オヤッと思うことがある。昨日は南部系の坂下隆男の5寸が1万を超える価格で落札されていた。まったく極く普通のこけしである。ヤフオクで価格が上がるのは複数の入札者が居る場合で、この隆男のこけしは3人が入札し、内二人が競り合って1万を超えたのである。趣味の世界のこと、人それぞれであるが、私には理解できないことであった。さて、そんなヤフオクで珍しいこけしを入手したので紹介したい。佐藤久弥の粂松型である。

続きを読む "第491夜:久弥の粂松型"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第490夜:新兵衛古作

Shinbe_s22_kao

先ほど、柿澤是隆さんに橘頒布の盛たちこの製作依頼で電話をした。今は来春7日~11日まで仙台で開かれる「柿澤こけし-新春展-」の準備で忙しいらしい。この大寒波で鳴子は雪が40cmも積もっているとのこと。さて、今夜は、先日の「ひやね」入札会で入手した新兵衛のこけしを紹介したい。見た感じから戦前作かと思っていたが、実際には戦後直ぐのもの。しかし新兵衛の戦前こけしは殆ど知られていないことから、敢えて「新兵衛古作」と呼ばせて貰うことにする。口絵写真は、その新兵衛古作の顔アップである。

続きを読む "第490夜:新兵衛古作"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第489夜:58歳作の護こけし

Mamoru_58sai_kao

先日、ヤフオクを見ていたら、58歳の佐藤護のこけしが出ており、それなりの人気であった。戦後の護のピークは58歳から60歳くらいまでと言われており、特に58歳作は人気がある。私は護こけしが好きなので、年齢別に集めているが、じっくり見ているとかなり変化しているのが分かる。それは58歳作においてもそうであり、前半と後半ではかなり情味が異なっているのが分かるのである。今夜は、その辺りのことを見て見たい。口絵写真は58歳前半の護こけしの表情である。

続きを読む "第489夜:58歳作の護こけし"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第488夜:伝伍のこけし

Dengo_s16_kao

先週末は1泊2日で西伊豆まで出掛けてきた。温泉に浸かり、太平洋に沈む夕日を眺めてきた。さて、先にヤフオクで久治のこけしを入手した時に、伝伍のこけしも入手できた。これまで伝伍のこけしは1本も無く、かと言ってどうしても欲しいという訳ではなかった。伝伍のこけしと言うと、胴が太く紡錘型の表情の乏しい目が頭に浮かび、あまり魅力を感じなかったからである、今回の伝伍は小寸で保存極美ということもあって、これなら1本あっても良いかと思って入札に参加したものであった。口絵写真は、その伝伍こけしの頭部。

続きを読む "第488夜:伝伍のこけし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第487夜:こけし三昧の一日

Kanji_tachiko_kao

今日は休みをとって、こけし三昧の1日を過ごした。先ずは銀座セイコウドウで開催されている5人展へ。10時の開店直後に到着。荒川さんに善吉型製作のお願いをし、是隆さん、幾雄さんのこけしを購入。1時間ほど話をして水道橋へ。今日は「こけし手帖」の校正日になっており、出来上がった1月号のゲラを校正。散髪を済ませて、神田の「ひやね」へ。溜まっていた「こけし往来」の支払いをして2階へ。明日18日が締切の入札品、即売品を眺める。「高勘」の原点である勘治(一家)のたちこ。手にとって写真に収める。入札品の二点に入札したが結果は後日・・・。口絵写真は「ひやね」入札の目玉、勘治一家のたちこである。

続きを読む "第487夜:こけし三昧の一日"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第486夜:久志のこけし(戦前)

Hisashi_s15_kao_2

昨夜に引き続き、弥治郎系の新山家のこけしを見てみたい。今夜紹介する久志のこけしは、「ぽっぽ堂こけしギャラリ-」を掲載しているA氏より譲って頂いたもの。A氏は戦前の久志の良いこけしを数本持っており、その内の1本である。退色が全く無い保存状態極美の素晴らしい作品である。このようなこけしを譲って下さったA氏に感謝したい。口絵写真は、その久志のこけしの顔アップ。

続きを読む "第486夜:久志のこけし(戦前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第485夜:ピーク期とその周辺のこけし(久治と久志)

Kyuji_s31_kao

このところ週末になると出掛けることが重なり、本ブログ用の写真を撮ることがなかなか出来ない。仕方なく帰宅後の夜間に撮るのだがストロボの光や影が写真に入ってしまい思うような写真にならない。ここのところ弥治郎系のこけしが続いているが、今夜も先日のヤフオクで入手した久治のこけしを紹介したい。久治の戦後のこけしは昭和28年から30年頃がピークとされているが、その近辺のこけしである。口絵写真は昭和31年の久治こけし。

続きを読む "第485夜:ピーク期とその周辺のこけし(久治と久志)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第484夜:友の会12月例会

1012reikai_omiyage

今日は東京こけし友の会の12月例会があり、出席したのでその報告である。昨日とは打って変わって師走らしい寒さの中、59名の出席があった。中でも新会員として参加した9歳のお嬢ちゃんが注目を浴びた。最近、こけしの催しに若い女性が増えてきたという話を良く耳にするが、それを象徴するかのような出来事である。今月のおみやげこけしは弥治郎系の佐藤裕介さん。ギャラリーの代わりに、今年の物故工人についての話。新品の頒布はなく、中古品の即売、抽選、入札に、こけし関連文献の頒布もあった。口絵写真は12月のおみやげこけしである佐藤裕介。

続きを読む "第484夜:友の会12月例会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第483夜:本間留五郎のこけし(2)

Tomegoro_tatiko_s16_kao

本間留五郎のこけしについては第468夜で紹介したが、同じ出品者から再び出品され落札出来たので紹介したい。今回の作は大きさ6寸で胴裾がくびれた「たちこ」型である。純粋なたちこにしてはやや大き過ぎるので、たちこ型とした。前回は熾烈な入札合戦となったが、今回は他に入札者がなく、最低価で静かに入手することが出来た。前回作と同様なので、口絵写真には頭頂部の水引を写してみた。

続きを読む "第483夜:本間留五郎のこけし(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第482夜:茂吉型

Harumi_mokiti_4sun_kao

ここのところ色々とこけし関係の所用が重なり、本ブログの更新にまで手が回らなかった。さて、11月の友の会例会の新品頒布に井上はる美さんの茂吉型4寸が出ており、5本しか無かったので心配していたが何とか入手することが出来た。実は7月例会の抽選で春二の4寸の茂吉型を入手していたので比較してみようと思ったのである。口絵写真は、はる美さんの茂吉型の顔アップ。

続きを読む "第482夜:茂吉型"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »