« 第525夜:震災が運んでくれたこけし | トップページ | 第527夜:きぬさんのこけし »

第526夜:慶一郎のこけし(昭和20年代)

K1ro_s20ato_kao

この震災でヤフオクでの入札も低調になっているようだ。出品数はあまり変わらないものの、これはという期待に胸を膨らますようなものはあまり見かけない。そんな中でも、ちょっと面白いもの、気になるものがあると一応チェックはしている。今夜はそんな中から拾い上げた秋山慶一郎のこけしを紹介したい。戦後ではあるが昭和20年代のもので保存もまあまあ。最低価は3000円で出品されていたが、締切間近になっても誰からも入札がない。と言うわけで、ラッキーにもその最低価で入手することが出来た。口絵写真は、その顔のアップである。

K1ro_s20ato_hikaku

写真(2)の左は昭和35年頃の鳴子型8寸。右の本稿のこけしで同じく鳴子型の7寸。但し、左は下瞼のある二側目であるが、右は一側目である。その木地形態にかなりの違いがあるのが分かる。先ず、頭の形。右は横広の平頭で戦前作の俤を残しているが、左は縦長になってきている。次に胴の形態。右は胴に殆ど反りが無く直線的であるが、左は胴中央部でかなり反りが入っている。これは、本家の鳴子系こけしにも見られる現象で、遠く離れた鶴岡に居た慶一郎のこけしにも同じことが起きていたということは、世の中の流行だったのだろう。さて、このこけしの製作年代であるが、「木の花(第参拾弐号)」の『慶一郎のこけし』の⑰植木蔵7寸に近い。ということは昭和20年代後半であろうか。また、「木の花」の解説では、花芯の黄点にポスターカラーを使用していると記載されているが、本稿のこけしもポスターカラーであり、その記述を裏付けている。唯一、気になるのが、本稿こけしの肩の山の盛り上がりである。⑰の肩の山は写真(2)左のこけしと同様であり、⑰以降の「木の花」掲載こけしも同様である。すなわち、本稿のこけしの様な盛り上がりは見かけないのである。あるいは、⑰より古く昭和20年代中頃の作なのであろうか。今後の研究課題ではある。

|

« 第525夜:震災が運んでくれたこけし | トップページ | 第527夜:きぬさんのこけし »

蔵王系」カテゴリの記事

コメント

何もないと思っていても、あるんですね。
私なんか、いったい何を見ているのか、と思います。
たくみによいものを探し出す眼力、脱帽です。

投稿: A | 2011年3月26日 (土) 00時12分

日に何回も見ていますからね。こけしが好きというだけです。でも、今まで気に掛けなかったものの中にも思わぬ掘り出し物があるんですね。それを見つけるのも楽しみです。ただ、写真だけからの判断なので、現物を見てガッカリすることもあるますね(苦笑)。

投稿: 国恵志堂 | 2011年3月26日 (土) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/51214778

この記事へのトラックバック一覧です: 第526夜:慶一郎のこけし(昭和20年代):

« 第525夜:震災が運んでくれたこけし | トップページ | 第527夜:きぬさんのこけし »