« 第519夜:新兵衛のこけし | トップページ | 第521夜:評価の低い忠蔵こけし(2) »

第520夜:落穂拾い(小林定雄)

Sadao_s40_kao

間引き運転ながら今日は電車が動いていたので、いつもより早く出社。無事に電車には乗れたものの、早くも相当の混雑。皆、思いは同じなのであろう。それにやたらと大きな荷物が多い。停電対策で泊り込みも想定してのことであろうか。こんな状況でもブログを続けることが使命とも思う。今夜は先日、ヤフオクで入手した小林定雄のこけしを紹介したい。8寸と5寸の2本組みで1500円での出品。入札者は私のほか一人で、結局100円上積みで落札となった。口絵写真は、8寸の定雄こけしの顔アップ。

肘折系の小林定雄は昭和8年、湯田町の生まれ。昭和41年11月より、郵便局勤務の傍ら、木地を修業。佐藤丑蔵、文男の指導を受ける。こけしの製作は、木地修業に入る前に、小林善作の木地に描いた作品が少数がある。昭和40年10月作が「こけし辞典」に掲載されている。

Sadao_s40_2

さて、本稿のこけしであるが、長い横鬢と太い眉が印象的なこけしである。文六を彷彿させる瞳はねっとりとした情味を醸しだし、まだ手慣れていない面描が却って肘折らしさを現している。大きさは8寸、胴裏に牡丹の裏模様もあり丑蔵型なのであろう。大胆で迫力のある面描とは裏腹に、胴の重ね菊模様は繊細で勢いがない。何となくアンバランスなこけしであるが、それこそが初期のこけしの証かも知れない。胴底に「S40」の書き込みがあるが、木地修業前の作ではないであろう。

|

« 第519夜:新兵衛のこけし | トップページ | 第521夜:評価の低い忠蔵こけし(2) »

肘折系」カテゴリの記事

コメント

取り逃がした魚は大きいの例えどおりのなかなか良いこけしですね。残念!

投稿: chikomei | 2011年3月16日 (水) 13時39分

お陰様で、良いこけしを入手することが出来ました。こういう楽しみがあるのもヤフオクの醍醐味なのかも知れませんね。

投稿: 国恵志堂 | 2011年3月16日 (水) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/51124329

この記事へのトラックバック一覧です: 第520夜:落穂拾い(小林定雄):

« 第519夜:新兵衛のこけし | トップページ | 第521夜:評価の低い忠蔵こけし(2) »