« 第535夜:評価の低い忠蔵こけし(3) | トップページ | 第537夜:庄七のもんぺこけし! »

第536夜:幸九郎のこけし

Kokuro_s17_kao

本ブログには、検索フレーズランキングという項目があり、どんなフレーズ(言葉)での検索が多いかが表示される。そのトップテンに「ひやね」関連のフレーズが4つも入っていた。これは9日(土)に日本テレビ系で放映された「ぶらり途中下車の旅」の影響であることは明らかである。同番組では、神田の書肆「ひやね」がかなり詳しく紹介され、見慣れた店内の情景や常連さんの話なども紹介された。これも、昨今の「こけしブーム(?)」を反映したものであろうか。さて、今夜は渡辺幸九郎のこけしである。

先日入手した古品15本の中に、渡辺幸九郎のこけしが2本入っていた。私はこれまで幸九郎のこけしは所有しておらず、今回が初めての入手となった。幸九郎は明治25年、弥治郎の生まれ。明治39年15歳より新山栄五郎について木地修業を行った。こけしは下ノ原時代(大正9年~)と鎌先時代(昭和7年~)に分けられる。下ノ原時代の作は木形子洞頒布に代表される。鎌先時代の作はかなり多く現存し、童玩らしい暖かみを持ち、弥治郎系中佳品の1つである。以上「こけし辞典」より。

Kokuro_s17_hikaku

写真(2)右は6寸、左は8寸。他の古品の製作年代から考えて、昭和17年前後の作と思われる。右6寸は作り付けで、胴の中程にくびれのある所謂ペッケ型である。左8寸は胴裾がやや開いた直胴で、大寸ものの定石である紫の襟巻きを付けている。いずれも愛らしい一側目の童顔で、口は墨の横点に紅を縦に打っている。胴模様は赤を基調にしたロクロ線に、黄色の太い帯を入れ、中央部には紫のロクロ線を入れて全体を引き締めている。

|

« 第535夜:評価の低い忠蔵こけし(3) | トップページ | 第537夜:庄七のもんぺこけし! »

古品」カテゴリの記事

弥治郎系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/51363203

この記事へのトラックバック一覧です: 第536夜:幸九郎のこけし:

« 第535夜:評価の低い忠蔵こけし(3) | トップページ | 第537夜:庄七のもんぺこけし! »