« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

第593夜:渡辺定巳のこけし

Sadami_yoshikiti_kao

司会が変わって放映された昨夜の「お宝鑑定団」にこけしが出品されていた。途中から見たため出品の経緯などは聞けなかった。こけしは2本で、いずれも盛秀か。うち1本は正末昭初の盛秀と思われる保存の良いこけしで20万円、もう1本は7万円の鑑定結果であった。ほんとうに正末昭初の盛秀こけしであれば、桁が1つ上がってもおかしく出来であった。さて、今夜は先日の友の会の例会で入手した渡辺定巳のこけしである。口絵写真は定巳の由吉型の顔アップである。

続きを読む "第593夜:渡辺定巳のこけし"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第592夜:友の会8月例会(H23年)

1108reikai_omiyage

昨日は東京こけし友の会の8月例会があり、出席したのでその報告をしたい。例年8月は例会が無いのであるが、今年は3月例会が大震災で中止となったため、その代わりとして頒布中心の例会となった。事前の案内が効いたせいか、新入会参加の会員2名を含めて86名の出席があった。スケジュールは先ず、こけし界ニュースを行い、その後は頒布会となった。頒布は受け付け番号による抽選で順番を決め、最初の1巡は一人1本(書籍は1冊)、次いで逆順から一人2本、その後はフリーとなった。その後、入札、抽選の頒布があった。一般頒布のこけしには色つきの丸いシールが貼ってあり、500円、1000円、1500円、2000円、3000円に別れていた。口絵写真はおみやげこけしの佐藤賀広さんのこけし。

続きを読む "第592夜:友の会8月例会(H23年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第591夜:双子の直志こけし

Naoshi_9taro_s42_kao

第415夜で、「双子のこけし」と題して渡辺喜平の戦前のこけしを2本紹介した。1本は保存完璧のもの、もう1本は経年変化により飴色になったものである。今夜は、岡崎直志のこけしを同じテーマで紹介したいと思う。先日のヤフオクに2本出ており、それを入手したものである。恐らくは、新品こけしを2本購入し、1本は日の当たらない所に保存し、もう1本は観賞用に棚などに飾って置いたものであろう。後者のこけしは長い年月の間に退色(特に胴模様)してしまったのである。口絵写真は新品同様の直志こけしの顔アップ。

続きを読む "第591夜:双子の直志こけし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第590夜:源吉のこけし(戦前)

Genkiti_s16_kao

今夜紹介するこけしは蔵王系の斉藤源吉である。蔵王系「みどりや」系列の戦前のこけしとしては以前、源吉の息子の源七のものを入手しており(第442夜)、源吉のこけしも欲しいものだと思っていた。今回入手した源吉は「ぽっぽ堂こけしギャラリー」を開設しているA氏が所蔵していたもの。ヤフオクに出品してくれたものを運良く入手することが出来た。口絵写真は、その源吉こけしの顔アップである。

続きを読む "第590夜:源吉のこけし(戦前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第589夜:巳の助の大正型(たつみ初期2)

Mino_taisyo_s41_kao

巳の助、昭一父子が作る各種の周助型の中で、私が好きなのは大正型である。第510夜では、民芸店「たつみ」で頒布した巳の助の大正型黒頭を紹介したが、7月の東京こけし友の会の例会にて、それと対になる手絡模様の大正型を入手したので、今夜はそれを紹介したい。胴底には、いずれも「41.4」の書き込みがあり、「たつみ」における周助型の頒布としては極初期にあたる。

続きを読む "第589夜:巳の助の大正型(たつみ初期2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第588夜:大野栄治のこけし(4)

Eiji_s32_kao

大野栄治のこけしは、数あるこけしの中でも特に人気のあるこけしであろう。そんなことから昭和40年代の後半から蒐集を始めた私にとっても入手は難しく、そのこけしを実際に手元に置くようになったのはそれほど昔からではない。それでも、最近はネットオークションなどのお蔭で入手する機会も増え、その経年変化を楽しめるようになったのは有難い。さて、今夜は先日のヤフオクで入手した栄治のこけしの紹介である。昭和32年の作で保存状態は完璧である。口絵写真はその栄治の顔アップ。

続きを読む "第588夜:大野栄治のこけし(4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第587夜:三春さんの石蔵写し

Miharu_ishizo_kao

湯沢の三春文雄さんから待望の石蔵写しが届いた。2月に東武デパートで開催された「WAZA2011」で上京した折にお願いしたもの。その後に、あの大震災などもあって心配していたが、無事に入手することが出来た。届いたこけしは原寸(尺)5本と7寸が3本。今夜はそのこけしを紹介したい。口絵写真は、石蔵写しの顔アップである。

続きを読む "第587夜:三春さんの石蔵写し"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第586夜:庄七のえじこ(戦前)

Syo7_ejiko_senzen_kao

先週のヤフオクに戦前作と思しきえじこが5個出品されていた。いつもの「川越の旧家」からの出物だという。伊藤松三郎、秋山慶一郎、本間留五郎、白畑重治と作者不詳(秋保系)の作。この作者不詳が菅原庄七であろうことは直ぐに想像出来た。庄七のえじこは1個持っていたが、それよりは古そうでなかなかの良い出来。何とか頑張って入手したものが届いたので、今夜はそのえじこを紹介したい。口絵写真は、えじこの顔アップ。

続きを読む "第586夜:庄七のえじこ(戦前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第585夜:武蔵の亀三郎型

Takezo_kame_s38_kao

残暑お見舞い申し上げます。8月になってから旅行に出掛けていたこともあり更新が滞っていた。さて、私が以前から欲しい欲しいと思っていたこけしに、高橋武蔵の通称「亀三郎型(明治時代の武蔵古型)」があった。この型については「木の花(第参号)」の『戦後の佳作』に取り上げられている。その記事をみて是非欲しいと思っていたが、1度「ひやね」の即売で見かけたことがあった以外、目にすることがなかった。8/6が締切だった「ひやね」の『こけし往来-第36集-』の紙上即売に、この亀三郎型が掲載されていたので応募したところ、運良く入手することが出来たので、今夜はそのこけしを紹介したい。口絵写真は、その亀三郎型の顔アップ。

続きを読む "第585夜:武蔵の亀三郎型"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第584夜:是隆さんの盛たちこ写し

Koretaka_sakari_tatiko_kao

今週の火曜から今日の午前中まで旅行に出掛けており、本ブログの更新も滞ってしまった。最近スマホを購入したので、旅先でもインターネットを使用することが出来るため、ブログも見ることは出来るが、流石に更新するのは面倒である。旅行中に「無為庵閑話」再開の連絡が入っており喜ばしいことであった。さて、今夜は旅行前に届いた柿澤是隆さんの立ち子を紹介したい。第454夜で紹介した、古形子洞頒布の盛立ち子を作って貰ったものである。口絵写真は、その立ち子の顔アップである。

続きを読む "第584夜:是隆さんの盛たちこ写し"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »