« 第589夜:巳の助の大正型(たつみ初期2) | トップページ | 第591夜:双子の直志こけし »

第590夜:源吉のこけし(戦前)

Genkiti_s16_kao

今夜紹介するこけしは蔵王系の斉藤源吉である。蔵王系「みどりや」系列の戦前のこけしとしては以前、源吉の息子の源七のものを入手しており(第442夜)、源吉のこけしも欲しいものだと思っていた。今回入手した源吉は「ぽっぽ堂こけしギャラリー」を開設しているA氏が所蔵していたもの。ヤフオクに出品してくれたものを運良く入手することが出来た。口絵写真は、その源吉こけしの顔アップである。

Genkiti_s16_hikaku

写真(2)に源七のこけし(左)と本稿の源吉のこけし(右)とを示す。尺1寸というサイズに、入札時はちょっと大きいかなと思っていたが、届いたこけしを並べて見ると源七とほぼ同サイズで、並べて見るのにちょうど良い大きさであった。この源吉こけしは出品コメントに昭和16年頃とあり、源七とほぼ同時期。胴底には両者とも青字の印が署名として押されている(写真(3)下参照)。戦前の同時期の親子のこけしを同サイズで見比べることが出来るという幸運を得ることが出来た。442夜で述べたように源七のこけしには爽やかな若々しさを感じるが、源吉のこけしには落ち着いた重厚さを感じる。同じ重ね菊の胴模様であるが、源吉は花弁が9~10枚の緻密な描彩の菊を5段に重ねているが、源七の花弁は6~7枚で大らかな菊の4段重ねであり、父(師匠)のこけしとの違いを見せる。

Genkiti_s16_syomei

さて、今回の源吉のこけしを詳しく見て疑問に思う点が2つあった。1つは黒頭頭頂部に中剃りが無いこと。もう1つは、前髪と横鬢の交差部に描かれる赤2線の飾りである。「愛玩鼓楽」には昭和12年と14年の源吉こけしが載っているが、いずれも中剃りがある。また戦後の源吉こけしの黒頭(例えば第405夜)にも中剃りは描かれている。このこけしに中剃りが無いのはたまたまなのであろうか。ちなみに源七のこけしにはある(写真(3)上参照)。次に赤い髪飾りであるが、前述の「愛玩鼓楽」の源吉には描かれていない。戦後の源吉こけしには描かれているので、この鬢飾りはこの頃から描き始めたものなのかも知れない。

|

« 第589夜:巳の助の大正型(たつみ初期2) | トップページ | 第591夜:双子の直志こけし »

古品」カテゴリの記事

蔵王系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/52551793

この記事へのトラックバック一覧です: 第590夜:源吉のこけし(戦前):

« 第589夜:巳の助の大正型(たつみ初期2) | トップページ | 第591夜:双子の直志こけし »