« 第621夜:弘道の42年作とその周辺 | トップページ | 第623夜:友の会11月例会(H23年) »

第622夜:鳴子こけし祭り(2011横浜)

2011yokohama_daruma_yoshikazu今日から、横浜の「人形の家」で恒例の「鳴子こけし祭り」が始まったので出掛けて来た。流石に朝一番で行くのも気が引けたので、午後になってからにした。人形の家の前の通りは銀杏並木になっており、黄葉が日差しに黄金のように輝いてとても綺麗であった。午前中はかなりの人出があったようだが、午後は平日ということもあって人出もまばらで、いつもの4工人(大沼秀顕、高橋義一、早坂利成、柿澤是伸)さん達ともゆっくり話をすることが出来た。口絵写真は、義一さんの大達磨。ケヤキのように木目が美しい木材(名前は失念)を使って作ったとのことで、迫力のある素晴らしい出来映えであった。

2011yokohama_special_ejiko

写真(2)は毎回恒例の4工人合作の「子持ちエジコ」。既に、是伸さん、利成さんの分は売れており、義一さんと秀顕さんの2個を写真に撮った。(なお、秀顕さんのエジコを入手)

2011yokohama_yoshikazu

写真(3)は義一さんのコーナー。勘治型を中心とする伝統的なものの他に、最近、若い人に人気のある笠被りなど小寸の新作こけしも数多く作られていた。

2011yokohama_hideaki

写真(4)は秀顕さんのコーナー。本格的な伝統こけしは3分の2で、残りはお雛様などで、華やかな雰囲気が漂っていた。

2011yokohama_toshinari2

写真(5)は利成さんのコーナー。木地挽きの得意な利成さんだけあって、純粋な伝統こけし以外に色々と工夫を凝らした木地製品が目を引いた。

2011yokohama_yoshinobu

写真(6)は是伸さんのコーナー。「高勘」伝来の一連のこけし群と、是伸さんの創意工夫による各種作品が並んでいた。是伸さんのこけしはとにかく可愛い。華麗な色彩とこの可愛らしさには心が和む。

2011yokohama_kuji_get

この「鳴子こけし祭り」では、購入2000円毎に籤挽きがあり、お土産が貰える。私は6回引いて、小ねまりこ、なる子ちゃんタオル、新米(1Kg)を4個頂いてしまった。帰りの荷物は、こけしより、このお土産の方がずっしりと重かった(笑)。

|

« 第621夜:弘道の42年作とその周辺 | トップページ | 第623夜:友の会11月例会(H23年) »

えじこ・ねまりこ」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

お買い物金額で、くじ引きができるって嬉しいです。
宮城のお米は美味しいですよ!
鳴子温泉に行く手前に、鳴子のお米で作るオニギリの
専門店がありますが、土日祭日しか開店しません。
「ゆきむすび」米を使ったオニギリ、おいしいです。
重くても是非味わうために持ち帰って下さいね!
現場に私が居たら、絶対持ち帰ります。
(あ、去年はありがとうございました)

投稿: kuma | 2011年11月26日 (土) 19時57分

kumaさん
お久しぶりです。
去年は飲物が沢山当たって重くてどうしようかと思いましたが、
kumaさんのお陰で助かりました。
今年は、しっかり持ち帰りましたよ。
景品にはこけしもあるのですが、新米とか、
そういうものの方が嬉しかったりしますね。

投稿: 国恵志堂 | 2011年11月26日 (土) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/53334034

この記事へのトラックバック一覧です: 第622夜:鳴子こけし祭り(2011横浜):

« 第621夜:弘道の42年作とその周辺 | トップページ | 第623夜:友の会11月例会(H23年) »