« 第617夜:日下源三郎とその写し | トップページ | 第619夜:昭和30年代の秀雄こけし »

第618夜:慶美の慶治型

Keimi_okameinko_kao

こけし界で大名物と言われているこけしには、ニックネームが付いているものがある。1つは、その所有者の名前を冠しているもので、「西田勘治」、「鹿間岩蔵」などと呼ばれている。もう1つは純粋なニックネームで、丑蔵の「フランケン」や慶治の「おかめいんこ」などが有名である。先日のヤフオクに新山慶美の慶治型が出品されていた。古い時代の慶治を写したもので、いままで目にしたことがなかった。状態も良さそうだったので、入札に参加して入手することが出来た。今夜は、その慶治型こけしを紹介しよう。口絵写真は、その顔アップである。

Keimi_okameinko_hikaku

写真(2)の左は「こけし古作図譜」より転載したもので、久松旧蔵の慶治尺。昭和2年頃の作とされている。いわゆる通称「おかめいんこ」と言われるものである。中央は本稿の慶美のこけし(8寸)。胴底には「慶治型」と署名されているが、「おかめいんこ」を忠実に写したものであることは一目瞭然である。木地形態は、頭が「原」ほど横に大きくなくスマートになっている。描彩は「原」の様式を忠実に再現しており、胴中央部の2本の帯には橙色を使用している。また、胴上下の旭菊は表は上が赤で下が緑、裏は上下の配色が逆になっているのだが、その点も正確に描かれている。正面写真では、この配色の違いは分からないから、「原」を直接見たか、「原」を良く知っている人から聞いたのであろう。慶美のこの型はなかなか良い出来だと思うが、市場では殆ど見かけないことから、あまり沢山は作られなかったのだろう。配色の美しい華麗なこけしである。この型で頭の大きい作品が見たかったと思う。

|

« 第617夜:日下源三郎とその写し | トップページ | 第619夜:昭和30年代の秀雄こけし »

写し」カテゴリの記事

弥治郎系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/53225881

この記事へのトラックバック一覧です: 第618夜:慶美の慶治型:

« 第617夜:日下源三郎とその写し | トップページ | 第619夜:昭和30年代の秀雄こけし »