« 第633夜:笹森さんの弦三幸兵衛(2) | トップページ | 第635夜:幸兵衛の直胴達磨絵こけし »

第634夜:俊雄の孫持ちこけし(2)

Toshio_s53magomoti2_kaoクリスマスを前に日本列島には寒波が押し寄せてきている。関東地方も日差しがある昼間は暖かいが、朝夕から夜間にかけては相当冷え込むようになってきた。さて、第372夜で、佐久間俊雄の孫持ちこけしの話をした。その中で昭和53年6月に友の会の例会で俊雄の孫持ちこけしが頒布されたことを書いた。それと同手のものを入手することが出来たので、今夜はその紹介をしたいと思う。口絵写真は、その孫持ちこけしの親こけしの表情である。

Toshio_s53magomoti2_hikaku

写真(2)左が第372夜で紹介した孫持ちこけし、右が今夜紹介する孫持ちこけしである。先ず、親こけしは大きさ6寸余りで髷付きと坊主の違いはあるが、胴の形態とロクロ線模様はほぼ同一である。また、子こけしは3寸1分の坊主で木地形態、胴模様とも全く同じである。孫こけしのみ、左は髷の1本であるが、右は髷と坊主の地蔵型の2本となっている。木も親は同じ桜材であり、この2種が同時期に作られたものと思われる。

Toshio_s53magomoti2_naka

写真(3)で、右のこけしを詳しく見てみよう。孫こけしは、大きさ1寸の豆こけしであるが、木地形態、描彩とも実に丁寧に作られている。俊雄の木地技術、描彩の非凡さが垣間見える。親こけしの頭にはガラが入っており、6寸のこけしの中に持てる力を全て注ぎ込んだような手の込んだこけしなのである。このように、由吉-芳衛-芳雄-俊雄と引き継がれた湊屋の直系が絶えてしまったのは何とも惜しまれることである。

|

« 第633夜:笹森さんの弦三幸兵衛(2) | トップページ | 第635夜:幸兵衛の直胴達磨絵こけし »

土湯系」カテゴリの記事

達磨・細工物」カテゴリの記事

コメント

個人的に、とても好きな顔とフォルムのこけし、と、ほれぼれ眺めさせて頂いていました。しかも仕事の見事さ。孫持ちこけしでこんなにかっちりと充実した作品を残してくれた俊雄さんに、尊敬と感謝を込めて。

投稿: kuma | 2011年12月26日 (月) 08時43分

kumaさん
コメント、ありがとうございます。
俊雄さんは晩年、病的とも思えるような形態、表情のこけしを作るのですが、この頃は素直で微笑ましい表情が良いですね。残るこけしを大切にしたいものです。

投稿: 国恵志堂 | 2011年12月28日 (水) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/53536663

この記事へのトラックバック一覧です: 第634夜:俊雄の孫持ちこけし(2):

« 第633夜:笹森さんの弦三幸兵衛(2) | トップページ | 第635夜:幸兵衛の直胴達磨絵こけし »