« 第631夜:野菜籠 | トップページ | 第633夜:笹森さんの弦三幸兵衛(2) »

第632夜:磯谷直行型のこけし

Naoyuki_yoichi_kao今夜は、11月の友の会例会で入手した磯谷直行型のこけしを紹介しよう。友の会では抽選品として出品されていたが、頒布順最終回のジャンケンに勝って入手の権利を得た。出品は2本セットで出ていたが、大は荒川洋一作、小は本多信夫作であった。2本並べて見ても、表情、胴模様の色調とも違和感なく眺められる。口絵写真は洋一作の表情アップ。

磯谷直行は明治33年、福島県耶麻郡吾妻村の生まれ。15歳で小学校を卒業後、姉婿磯谷茂の山市商店で職人をしていた海谷七三郎に就いて木地修業をした。昭和3年頃まで海谷七三郎の下で働いたが、昭和7年12月、事故で死亡。33歳。直行のこけしには、直胴型とこげす型の2種類がある。直胴型の内、頭が角張ったものは「古型」と呼ばれ、特徴的である。

Naoyuki_yoichi_nobuo

写真(2)右が直胴型(古型)8寸2分で荒川洋一作。胴裏に「愛玩鼓楽 発刊記念」の押印があるので、昭和60年の作。「原」は「こけし辞典」に写真掲載されている鈴木鼓堂蔵品か。写真(2)左はこげす型5寸で本多信夫作。55歳の署名があるので、昭和48年頃の作。直行のこけしは遠刈田系の影響が強いが、中の沢温泉で作られていたため、中の沢の工人によって、その復元作が作られたのも納得が出来る。洋一、信夫の両こけしとも、直行こけしの特徴を良く捉えており、成功作と言えるだろう。

|

« 第631夜:野菜籠 | トップページ | 第633夜:笹森さんの弦三幸兵衛(2) »

中の沢亜系」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

遠刈田系」カテゴリの記事

コメント

磯貝さんのこけしは、11月初旬に猪苗代の「たこ坊主のすべて」展で見て来たばかり。
タイムリーな掲載で嬉しく拝見しました。ユーモラスでひょうひょうとして、一風変わった作風のこけしで、個人的にとても好きです。さんの作、初めて見ました。ありがとうございます。

投稿: kuma | 2011年12月19日 (月) 12時31分

kumaさん
ご無沙汰しております。
「たこ坊主のすべて」展、行かれたんですね。
磯貝(磯谷が正しいそうですが)さんのこけしがありましたか。
私は、原物は見たことがないので、復元作で作風を知るだけですが、確かに飄々として何とも言えない味がありますね。
頭が角張って大きいこけしは円空仏を連想させます。

投稿: 国恵志堂 | 2011年12月19日 (月) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/53506671

この記事へのトラックバック一覧です: 第632夜:磯谷直行型のこけし:

« 第631夜:野菜籠 | トップページ | 第633夜:笹森さんの弦三幸兵衛(2) »