« 第655夜:斎藤源七(2) | トップページ | 第657夜:友の会新年例会(H24年) »

第656夜:岡崎嘉平治のこけし

Kaheji_s14_kao今夜も、先日の古品の中からから1本。岡崎嘉平治のこけしである。昨夜の源七と同様、嘉平治も戦争で患った病のために早逝。そのため嘉平治のこけしは全て戦前作で、残るこけしも多くはない。私自身も今まで入手する機会がなく、今回のこけしが初めての1本である。作りつけの小品ではあるが、嘉平治の特徴を備えた佳品である。口絵写真は、その嘉平治こけしの表情。

蔵王系の岡崎嘉平治は明治43年、蔵王高湯の生まれ。岡崎栄作の長男である。父栄作について木地修業。こけしの製作は昭和12年頃から16年頃まで。16年9月に応召するが病にて帰国し、23年3月に没している。享年39歳。

Kaheji_s14

写真(2)に嘉平治のこけしを示す。大きさ4寸6分の作り付け。「こけし辞典」の嘉平治の項に写真掲載されているように、小寸物では手絡頭で胴中央部に段があり、上部がくびれた形が多いが、本作は直胴になっている。また、頭は大寸に多い黒頭になっている。「こけし辞典」では『初期の物は水々しい新鮮味が感じられ、昭和15年、6年になるとやや冷ややかな、寂しい表情に変わっている。』とある。本稿のこけしは昭和15年頃のものと思われるが、小寸にもかかわらず上下の瞼のある二重瞼を描いており、眼点をやや上方に向けた凛々しい表情をしている。なかなかの佳作と言えるだろう。

|

« 第655夜:斎藤源七(2) | トップページ | 第657夜:友の会新年例会(H24年) »

古品」カテゴリの記事

蔵王系」カテゴリの記事

コメント

土湯のこけし絵付けコンクールに参加予定のわたくしメ。

白木のこけしを前にしてうんうん唸ってます。

とりあえず胴には可愛いレースなんぞをあしらってみました。

表情は・・・今だ決まらず。

「白木のままの方が良かった」と言われないように頑張ります!

こちらのブログとっても参考になります。

投稿: ピノ助 | 2012年1月22日 (日) 16時44分

ピノ助様
いつも読んで頂いて、ありがとうございます。
絵付けこけし、どんなものが出来るのか楽しみですね。
賞もあるようですから、頑張って下さい。

投稿: 国恵志堂 | 2012年1月23日 (月) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/53780540

この記事へのトラックバック一覧です: 第656夜:岡崎嘉平治のこけし:

« 第655夜:斎藤源七(2) | トップページ | 第657夜:友の会新年例会(H24年) »