« 第663夜:喜代治のこけし | トップページ | 第665夜:裕介さんの近作こけし »

第664夜:30年代の春二こけし

Haruji_s30mae_kao佐藤春二は戦前から戦後まで長い期間に渡りこけしを作っているため、その経年変化はかなり大きい。とは言え、戦前のこけしはそう簡単には手に入らない。そこで戦後のこけしに目を移すと、昭和30年代までと40年代以降とでは大きく作風が異なっている。40年代以降の春二こけしはシャープで洗練された近代的なこけしになっていく。それはそれで良いこけしであるが、私は30年代までの大らかな表情のこけしが好きである。今夜は、先日入手した30年代こけしの1つを紹介したい。口絵写真は、そのこけしの表情である。

Haruji_s30mae_hikaku

第475夜で、昭和20年代から30年代の春二こけしを紹介した。写真(2)左はそこで紹介した睫毛こけし。圧倒的な目力に魅せられて入手したこけしである。さて、右のこけしが本稿のこけし。入札写真を見た時点ではなかなか良いこけしに思えたのであるが、こうして並べて見ると、左のこけしに一歩引いてしまうのは否めない。こけしの形態は左と同じであるが、頭はより横広になり、胴は細くくびれも少なくなって、スマートになっている。面描は目の位置が外寄りとなり睫毛は無くなっている。赤い鬢飾り、胴の旭菊も小振りになっている。

Haruji_s30mae_binkazari_hik

写真(3)は頭部を横から見たところ。睫毛と鬢飾りの違いが確認出来る。右のこけしは昭和30年代前半から中頃のこけしであろうか。

|

« 第663夜:喜代治のこけし | トップページ | 第665夜:裕介さんの近作こけし »

弥治郎系」カテゴリの記事

コメント

同じ方が作ったこけしでも様々な表情があり、本当に奥が深いものですね。

今日土湯の「こけし祭り」に出品するこけしの絵付けを完成させました。
いや~表情がとても難しくて・・・。
何度も紙に予行練習して臨んだのですがトホホな出来です。

筆を走らせている時は自然と呼吸が止まりひどく緊張しました。

工人さんたちへの尊敬の念が益々強くなりました。

投稿: ピノ助 | 2012年2月 3日 (金) 19時39分

ピノ助様
一人の工人でも、大きさ、形、模様など色々ですし、年代変化も含めれば実に沢山の種類があります。そういう工人さんが沢山居るのですから奥が深いし楽しみも大きいですね。
ピノ助さんの自作こけし、土湯こけし祭りが終わったら、ぜひ見せて下さい。

投稿: 国恵志堂 | 2012年2月 3日 (金) 21時26分

私もこけしの産地やこけし祭りに行くたびに描彩をしていますが、本当に難しいですね。
毎回『今回こそは』と家で練習していくのですが、めちゃめちゃです。
名品の写しをそのままに作られる工人さんはどれほど努力と鍛錬を積んでいるのでしょう。

投稿: :☆:*・*:☆:*・*:☆: | 2012年2月 4日 (土) 08時19分

☆様
おはようございます。
専門家ではないから、自由に自分の好きなように描いたら良いと思いますよ。そこで作ったものは世界で1つしか無い物ですから、良い思い出になりますね。

投稿: 国恵志堂 | 2012年2月 5日 (日) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/53892868

この記事へのトラックバック一覧です: 第664夜:30年代の春二こけし:

« 第663夜:喜代治のこけし | トップページ | 第665夜:裕介さんの近作こけし »