« 第681夜:福寿作か? | トップページ | 第683夜:10年前の是伸こけし »

第682夜:是伸展(千葉そごう)

Tiba_pinuts_pole今日午後から千葉そごうで開催されている宮城県の物産と観光展に出掛けてきた。昨年は直前に起こった東日本大震災で中止になったものである。こけしの出展は鳴子の柿澤是伸さん。毎年の常連で、すっかり観光展の顔になった感じ。是伸展と言っても良いだろう。本観光展は13日から19日まで開催されており、普通なら初日に行くのであるが、今年は体調と他の用事のために今日になってしまった。既に沢山のお客さんが来たようで、こけしも半分程に減ってしまい、空いたスペースにはこけし絵が描かれた手提げ袋などが置かれてあった。口絵写真は、千葉駅の道路沿いに設置されているガイドレールの支柱の頭。千葉県名物の落花生が乗っている。

Yoshinobu_120316_zentai

写真(2)は会場の全体風景。最初は全体にこけしや木地製品が並んでいたそうだが、今日の時点では大分減ってしまい、空いたスペースには色紙や手提げ袋が置かれていた。

Yoshinobu_120316_kokeshi

写真(3)は「高勘」の伝統的なこけし。展示棚の上段はみずき材、下段は今回特別に作った椿材とのこと。

Yoshinobu_120313_byosai

写真(4)は描彩を行う是伸さん。お客さんに頼まれた「見上げこけし」の胴模様を描いているところ。

Yoshinobu_120316_miage

写真(5)はその「見上げこけし」。幼子が上を見上げたようなこけしで、その表情が何とも愛らしい。胴模様には、今の季節を反映して鳴子系では珍しい梅や桜が描かれている。ピンクを基調にした暖かい雰囲気が見上げこけしに良くマッチしている。

Yoshinobu_120316_dairibina

写真(6)は内裏雛こけし。こけし工人の雛こけしもすっかり定着してきた。

Yoshinobu_120316_daruma

写真(7)は達磨各種。色々な形と表情が面白い。

Yoshinobu_120316_buy2hon

写真(8)は今回購入した是伸こけし。左(6寸6分)は盛さんの戦前作を元にした「高勘」の伝統に忠実なこけし。右(5寸7分)はお父さんの是隆さんが始めた新伝統こけしを是伸さんが若い感覚でアレンジしたもので鮮やかな色彩感覚が素晴らしい。いずれも椿材の美しい木肌である。

|

« 第681夜:福寿作か? | トップページ | 第683夜:10年前の是伸こけし »

その他」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

京成千葉駅の落花生のガードレールだ~!
千葉の落花生は本当に美味しいですよ♪
一年前、電力規制で薄暗い千葉そごうの正面玄関に『宮城物産展中止のお知らせ』が大きく貼り出されていた光景を思い出します。
我が家もちょっと被災したので、今も母が怖がって余震があるたびに可哀想なくらい参ってしまいます。
今年の宮城物産展は活気があふれて感慨一入です。
是伸さんの桜のこけしは愛らしいですね。
梅や桜模様のピンクのこけしが並んでいると、春らしくて華やかでウキウキします♪

投稿: 玉ちゃん | 2012年3月17日 (土) 10時33分

たくさんのこけし達が旅立ったようで嬉しいです。(なぜここまで感情移入?)

是伸さんの「見上げこけし」私もカメイ美術館さんで購入しました。
「なんで泣いてるの?涙こぼしちゃだめだよ」と優しく言ってくれているようで元気づけられます。

梅や桜の胴模様素敵ですね!
今回のイベント限定でしょうか。

投稿: ピノ助 | 2012年3月17日 (土) 17時47分

玉ちゃん様
あれが落花生だなんて最初は思いもしませんでしたよ(笑)。
1年前の大震災は本当に大変でしたからね。
そうですか。被災されたのですか。
関東でも千葉県は結構被害があったようで、他人事ではありませんね。お見舞い申し上げます。
是伸さんのこけしはホント愛らしいです。

投稿: 国恵志堂 | 2012年3月17日 (土) 18時18分

ピノ助様
エジコの顔は上を向いているので、この愛らしい「見上げこけし」はそれを応用したのだと思いますが、今や是伸さんのレパートリーの1つとなったようです。
梅や桜模様は今回限定ではないと思いますが、是伸さんは季節感を大事にしているので、この時期に作られるのが多いと思います。

投稿: 国恵志堂 | 2012年3月17日 (土) 18時25分

僕の住んでいる街でも昔はデパートがあり、青森や福島などの物産展が定期的に行われ、津軽系や土湯のこけしなどの即売が工人さんの実演とともに行われていたものですが、残念なことに数年前にデパートが閉店してからは物産展も行われなくなって淋しい限りです。まだデパートが健在で物産展を気軽に見に行ける東京近辺の方が羨ましい限りです(愚痴を言ってごめんなさい!)。話は変わりますが、写真(8)の五寸7分の是伸さんのこけし、いいですねぇ・・、個人的には好きなタイプです(コメントを書いている途中、まだ強めの地震が来ました。もう本当にうんざりです)。

投稿: 益子 高 | 2012年3月17日 (土) 20時27分

益子様
こけし界もようやく上向きになってきた感がありますが、肝心のデパートが閉店してしまっては実演も販売も出来ませんね。賑わいはまだまだ東京近辺だけのようですね。是伸さんのロクロ模様のこけしは斬新さもあって私も好きですね。鳴子系の新しい伝統になっていくのかも知れません。大震災から1年が過ぎましたが余震は多いですね。早く安定して貰いたいものです。

投稿: 国恵志堂 | 2012年3月18日 (日) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/54238273

この記事へのトラックバック一覧です: 第682夜:是伸展(千葉そごう):

« 第681夜:福寿作か? | トップページ | 第683夜:10年前の是伸こけし »