« 第686夜:護こけしの後継者 | トップページ | 第688夜:たつみ以前の巳之助こけし(昭和型) »

第687夜:友の会3月例会(H24年)

1203reikai_omiyage_kao今日は東京こけし友の会の3月例会があり出席したので、その報告である。予報に反し春めいた日差しの中、今日も78名の出席があった。3月のおみやげこけしは鳴子系の高橋輝行さんで、三角胴の勘四郎型2種(ロクロ線のみと楓模様入り)と普通型の3種類があった。ギャラリーは直助と英太郎のこげすの展示と解説。新品、中古、入札、抽選の各頒布の後、こけし会ニュースを挟んで、第2部はNHKの取材放送や各地のイベントの紹介がスライドを用いて行われた。口絵写真はおみやげこけしの表情である。

1203reikai_new
写真(2)は新品頒布こけし。左より佐藤三起子さん(髷三角胴、坊主地蔵型)、小島俊幸さんの幸兵衛型3種(達磨、ロクロ線、牡丹)、小笠原義雄さん(2本)、佐藤正廣さんの豆こけし・えじこ入り容器。他に佐藤康広さんの豆こけし3本セットがあった。

1203reikai_new_toshihiko

写真(3)は毎月恒例となった西山敏彦さんの子持ちえじこ。中に入るものは季節に合わせて色々な物が作られる。今回は5月人形もあり、敏彦さんのアイデアには感心させられる。大人気で、今回も早々に完売となった。

1203reikai_garally

写真(4)は例会ギャラリー。右端は直助のこげす。右から2,3本目は英太郎の復帰第一作。左3本は英太郎のそれ以降の作である。直助の口は赤のみであるが、英太郎は黒と赤の2色になっている。

1203reikai_nyusatu1_2

写真(5)は入札品(小寸)。左から木地とロクロ模様は由吉、面描は芳衛の合作、大内一時、岩本芳蔵2本、昭和30年作の大野栄治、新山久治、奥山喜代治。

1203reikai_nyusatu2

写真(6)は入札品(大寸)。左から佐藤正一(S31年)、橋本力造、鋭い表情の横山政五郎(S33年)、佐藤巳之助(S32年)の初期周助昭和型、大沼新兵衛の肘折型(要名義)、河村清太郎。

1203reikai_cyusen

写真(7)は抽選品。左から岩本芳蔵、安藤勇亀、鈴木征一の子持ち、笹森淳一の幸兵衛型、野地忠男、岡崎幾雄、佐藤昭一、笹森淳一、井上はる美、奥瀬鉄則の幸兵衛型と初期作、高橋正吾の子持ち。

|

« 第686夜:護こけしの後継者 | トップページ | 第688夜:たつみ以前の巳之助こけし(昭和型) »

その他」カテゴリの記事

東京こけし友の会」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

写真(5)の真ん中の「たこ坊主」たまりませんー。
可愛い可愛い。

しばらく土湯に行っていないので禁断症状が出始めています。
土湯の空気とこけしに癒されたい!

投稿: ピノ助 | 2012年3月26日 (月) 17時54分

ピノ助様
あの子タコは小寸だから良いんでしょうね。
善吉の子タコに倣ったものでしょうが、芳蔵の良さも出ています。
もうすぐ土湯こけし祭りですよ!

投稿: 国恵志堂 | 2012年3月27日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/54309590

この記事へのトラックバック一覧です: 第687夜:友の会3月例会(H24年):

« 第686夜:護こけしの後継者 | トップページ | 第688夜:たつみ以前の巳之助こけし(昭和型) »